HOME / NEWS /

山と道HLC 11月のプログラムのお知らせ

山と道HLC 11月のプログラムは東北、北関東、関西、四国の4か所で開催いたします。

内容は、HLC東北では冬支度がはじまった山へ日頃の感謝を込めた清掃ハイク、HLC北関東では那須岳 2泊3日で奥那須の秘湯を巡るULハイク、HLC関西では1000万ドルの夜景を望むことができる六甲ナイトハイキング、そしてHLC四国では昨年復活した青滝山周辺のクラシックルートのトレイル整備です。詳しくは下記各プログラムのご紹介をご覧ください。

ご興味のあるハイカーの皆さまのご参加お待ちしております。

HLC東北 11月3日(日)
Local Study Hiking / 東根山清掃ハイク

HLC東北の11月のプログラムはローカルスタディハイキング『東根山清掃Hike』です。東根山(あずまねさん)はHLC東北の山と道アンバサダー上野裕樹さんが毎シーズン、トレイルランニング、ロッククライミング、バックカントリースキーなど、様々なアクティビティを行なっているフィールドのひとつです。

私たちハイカーが安全に気持ちよく山に入って遊ぶためにも、山の整備は重要です。日頃の感謝を込めて清掃ハイキングに参加しませんか? ハイカーならではの歩くという行為をつうじて色々なことを学びましょう。

東根山清掃Hike

開催日:11月3日(日)
集合場所:東根山登山口駐車場(左側の土の広場)
集合時間:午前7時 (解散時間午前10時予定)
参加費:無料 

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=sW3bypjLPyY

山と道アンバサダー・東北担当の上野裕樹さんよりメッセージ

山と道HLC東北アンバサダーの上野裕樹です。先日の山道祭はあのグルーヴ感を共有できて最高でした。皆さま、岩手県に来ていただき本当にありがとうございました。

さて、11月の東北のプログラムは、今シーズンもお世話になった『東根山』みんなで清掃登山しませんか? 秋の紅葉が落ち着き、冬山を前に清掃ハイクをしたいと思います。皆さまのご参加お待ちしてます。

HLC北関東 11月22日(金)- 24日(日)
3 Days Hiking / 那須岳

HLC北関東の11月のプログラムは『3 Days Hiking 那須岳』です。いわば、このプログラムシリーズでの集大成とも言えます。ULハイキングの方法論や考え方を2泊3日のハイキングとして実践することで、その恩恵や実用性、また課題なども具体的な経験として感じることができるでしょう。

今回のプログラムに裏メインイベントは、2日目の最終地点、奥那須の秘湯「三斗小屋温泉」です。歩いてしか行けないこの温泉は日帰り入浴はできません。温泉に入るためには、山小屋に宿泊する必要があるのです。風情あふれる山小屋、そして満点の星空の下、源泉かけ流しの最高の露天風呂が待っています。

3 Days Hiking 那須岳

登山場所:那須岳
開催日:11月22日(金)~24日(日)
集合場所:LUNETTES
集合場所:午前8時
定員:5名
参加費:3,000円

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=FAk4JgpnrWY

※参加費は当日現地にてお支払いください。参加費とは別に三斗小屋温泉の宿泊費(9,500円)が各自必要になります。(宿の予約の関係でキャンセル料が発生します。キャンセルの場合は必ず2日前までにお願いします)

山と道アンバサダー・HLC北関東担当の廻谷 朋行さんよりメッセージ

HLC「Lecture&Practice」、「2 Days Hiking」、各々の夏の縦走など、春からHLCのプログラムを通してULハイクについて実践をしてきました。ULハイクのホップ・ステップ・ジャンプの「ジャンプ」の位置付けとして那須岳を廻る「3 Days Hiking」を行います。冬支度を始めた那須で今年の経験をフルに活躍させましょう。普段なかなか歩くことが少ない場所や歩いてしか行けない秘湯など、ULハイクを通して存分に那須の魅力を感じたいと思います。

行程
1日目:LUNETTES〜那須湯本〜三本槍岳〜坊主沼避難小屋
2日目:坊主沼避難小屋〜大峠〜(三倉山)〜三斗小屋温泉(大黒屋)泊
3日目:三斗小屋温泉〜南月山〜茶臼岳〜那須湯本〜LUNETTES

HLC関西 11月24日(日)
UL Hiking Event / 六甲ナイトハイキング

HLC関西の11月のプログラムはローカルスタディハイキング『六甲ナイトハイキング』です。ハイキングとは通常、早立ち早着きですが、今回のプログラムはまったく違う考え方のハイキングです。夕暮れ時から歩き出し、日没とともに変化するトレイルは、昼間とはまた違った緊張感のあるハイキングを体感でき、慣れ親しんだトレイルや町並みもきっと新鮮に感じられることでしょう。六甲から見下ろす1000万ドルの夜景も格別です。

六甲ナイトハイキング

登山場所:六甲山
開催日:11月24日(日)
集合場所:芦屋川駅
集合時間:17時 (22時頃解散予定)
定員:5名
参加費:2,000円

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=WVBoOpSfkGY

※参加費は当日現地にてお支払いください。
※お荷物は駅にコインロッカーお預けいただけます。

山と道アンバサダー・HLC関西担当の中川裕司さんよりメッセージ

ルートは芦屋川駅から城山や荒地山を経由し、中央尾根を利用して高座の滝を通り芦屋川駅までループするコースです。神戸や大阪の街の夜景を見ながら、秋の到来を感じましょう! 時間の余裕があれば、見晴らしの良い岩の上でディナーと洒落込みたいですね。難しくはないですが岩場も多いエリアですので、お手持ちの中の1番明るいヘッドライトをお持ちください。

HLC四国 11月24日(日)
Local Study Hiking / トレイル整備ハイク

HLC四国の11月のプログラムはローカルスタディハイキング『トレイル整備ハイク』です。地図上にはない石鎚山系、東温アルプス、赤石山系、法皇山脈をつなぐ一筋の稜線道「黒森峠〜青滝山」区間の古道がHLC四国 山と道アンバサダー菅野哲さん、地元の人たちにより、復活しました。そのクラシックトレイルをまた来年も歩けるようにトレイル整備ハイクを行います。

トレイル整備ハイク

登山場所:黒森峠〜青滝山
開催日:11月24日(日)
集合場所:黒森峠・東側久万高原町側広場
集合時間:午前8時
定員:10名
参加費:無料

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=d78-BURb3PQ

山と道アンバサダー・HLC四国担当の菅野哲さんよりメッセージ

石鎚山系の堂ヶ森と東温アルプスの黒森峠をつなぐ、青滝山周辺のクラシックルートを昨年から有志で整備し無事に古道復活させました。どこの登山道も必ず、定期的に誰かの手によって整備保全されています。来年の春のためにも、一度キレイに整備しておきたいと思います。みなさんと一緒に気持ちのいい汗をかきたいと思います! ご協力よろしくお願いいたします!

*当日は、有志グループの方々と共同作業の予定です(整備用具は一通り揃えてあります)

山と道HLCとは

豊嶋秀樹(『HIKE LIFE COMMUNITY/HLC』プロジェクトリーダー)

「ハイク」「ライフ」「コミュニティー」という3つのキーワードを掲げて、2017年に日本23ヶ所を縦断したHIKE / LIFE / COMMUNITYプロジェクトの旅を終えた僕たちが得た答えのひとつは、「日本全国どこもいい」ということでした。どこにでもいい山があり、気候や風土に見合ったハイキングのスタイルがあり、お気に入りの山を歩くハイカーたちと彼らのローカルのコミュニティーがある。そして、そこには、山に寄り添うそれぞれのライフがあったのです。

『「コミュニティー」の存在しないところに人々の「ライフ(暮らしや営み、生活そして人生)」は活きてこないと思うし、「ライフ」のないところに「ハイク」なんてそもそも存在できない。』

これは、HIKE / LIFE / COMMUNITYの旅に出るときに持っていた仮説めいた思いでした。旅を終える頃には、その仮説は確信へと変化し、そんなハイカーたちがつながりを持てるコミュニティーをつくっていきたいという気持ちへと高まっていきました。

今年、僕たちは、HIKE/LIFE/COMMUNITYの頭文字をとった、『山と道HLC』というプロジェクトを立ち上げ、「東北」「北関東」「鎌倉」「関西」「四国」という5ヶ所を拠点に、各地のアンバサダーとともにコミュニティーづくりを始めました。

山と道HLCアンバサダー

『山と道HLC』を共に作り上げていただいている各地のアンバサダーの皆さんです。それぞれの得意分野を生かしたプログラムを通じて、各地のローカル・ハイキング・コミュニティー作りに尽力していただいています。

上野 裕樹 Hiroki Ueno

山と道HLCアンバサダー/『knotty』代表。
1976年生まれ。岩手県盛岡市出身紫波町在住。
10代の頃 ニューヨークに渡りダンスとブラックカルチャーにどっぷりはまる。
帰国後 幼い頃に父親と登山やスキーをしていた事を思い出し山へ行ってみる。
山の奥深さに魅力され石井スポーツで働きだす。
登山、バッグカントリースキー。クライミング、マウンテンランニング、沢登とオールシーズン自然を楽しむ。
安全で楽しい山遊びを伝えていきたいと思い、岩手県紫波町にアウトドアショップ『knotty』を立ち上げる。
「自然」「山」「人」とのGROOVE感を求め日々精進中。

廻谷 朋行 Tomoyuki Meguriya

山と道HLCアンバサダー/『LUNNETES』スタッフ。
20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。
那須のLUNETTESに通うなか、山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。
同時に山道具も自作できることに気づき、自作のザックで山に行くことに楽しみを覚える。
カメラメーカーを退職後『LUNETTES』のスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。

中川 裕司 Yuji Nakagawa

山と道HLCアンバサダー。
チベットやカラコルム、ラダック等の山での生活文化や風景に魅せられて、アウトドアにハマる。旅の経験からアジアや中東各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、patagoniaにもパートタイマーとして所属。持ち前の機動力を活かして、ウルトラライトスタイルで野山を駆けめぐり、ハードリカーを飲みながら野営するのがいちばんの大好物。大阪在住なので京都の山食音とコラボしながら、関西でハイキングにまつわるイベントを企画、発信中。愛称は『きんにくん』。

菅野 哲 Tetsu Kanno

山と道HLCアンバサダー/『T-mountain』代表。
四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。
山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。
20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけてきた。
近年は、自分の生活に密着した里山や決して特別ではない近くにある山々の魅力に深く心をくすぐられている。
四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。
三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。

SHARE