SOLD OUT

5-Pocket Merino Pants

SOLD OUT 再入荷連絡

439.5g (Size S)

¥25,000 +Tax

ずっと履いていたいウールのパンツ

街から山まで、冬を気持ちよく過ごせるパンツを作りました。

素材には肌触り良く柔らかなイタリア生産のメリノウールを採用し、生地裏面にはナイロン・リップストップを織り込み強度を高めました。もちろん、使いやすさに定評ある山と道の5-Pocketのディティールはそのままです。

寒い季節にずっと履いていたくなるような、そのままどこへでも行けそうな、タフでしなやかなウールパンツです。

*イタリア生産メリノウール生地
*生地裏面のナイロン・リップストップ
*柔らかなはき心地と暖かさ
*山でも動きやすい独自のパターン
*スマートフォン用ポケット

*登山地図が入る大型ポケット
*キーループ

SPEC

Material:
Merino Wool 97% / Cordura Nylon 3%
Weight:
439.5g (Size S)
Size:
XS / S / ST / M / L
サイズについて

XS S/ST M L
推奨ウエストサイズ 〜76 74〜81 80〜86 85〜92
通常サイズ
XS S M L
ウエスト(ゴム上がり) 62 67 72 77
パンツ丈 94.5 98 101.5 105
股上 21.5 22 22.5 23
股下 71 74 77 80
裾幅 33.5 35.5 37.5 39.5
ヒップ 106 111 116 121
推奨ウエストサイズ
SIZE cm
XS 〜76
S/ST 74〜81
M 80〜86
L 85〜92
通常サイズ
XS cm
ウエスト(ゴム上がり) 62
パンツ丈 94.5
股上 21.5
股下 71
裾幅 33.5
ヒップ 106
S cm
ウエスト(ゴム上がり) 67
パンツ丈 98
股上 22
股下 74
裾幅 35.5
ヒップ 111
M cm
ウエスト(ゴム上がり) 72
パンツ丈 101.5
股上 22.5
股下 77
裾幅 37.5
ヒップ 116
L cm
ウエスト(ゴム上がり) 77
パンツ丈 105
股上 23
股下 80
裾幅 39.5
ヒップ 121
Tallサイズ(足が通常版よりも長くなります)
ST
ウエスト(ゴム上がり) 67
パンツ丈 101
股上 22
股下 77
裾幅 35.5
ヒップ 111
Tallサイズ(足が通常版よりも長くなります)
ST cm
ウエスト(ゴム上がり) 67
パンツ丈 101
股上 22
股下 77
裾幅 35.5
ヒップ 111

*通常の日本サイズよりも若干大きめのサイズ設定です。
*生地の縮み、縫製等で若干サイズに誤差は生じます。ご了承ください。
注:ゴム上がりとは、ゴムで縮んでいる状態での寸法です。このウエストがジャストフィットを差すのではなく、ゴムは伸びますので、ゴムの強弱を考慮した上で、対応寸法を参考にサイズをご検討ください。

購入いただきました製品のサイズが合わなかった場合は在庫がございます製品に限りサイズ交換をさせていただきます。
詳しくは「CONTACT」のページをご参照ください。

サイズについて

製作ノート

夏目彰(山と道)

基本的には僕は、冬でも山と道の5-Pocket Pantsを履いている。けれど真冬はさすがに寒く、下にタイツを履きたくなるのも事実で、できれば真冬もそれ一本で暖かく、街でも山でも気軽に履けるようなパンツが作りたいと思った。



1年目は、日本でも有名な羊毛生地メーカーから生地を取り寄せ、いくつかパンツを試作してみた。ウールの気持ち良さはさすがで、吸湿性がよいのでずっと履いていても快適だったけれど、時おり肌がチクチクしたり、1シーズン履くと生地の表面がピリングと毛玉で、あまり綺麗とは言えない状態になることが気になった。

2年目は強度を考え、化繊混の素材をいくつか試してみることにした。履き心地は悪くないし、生地も安いし、強度、耐久性の難は少なかったけれど、ウールの比率を下げると、ウール特有の暖かさや気持ち良さはどうしても半減してしまう。

やはりウール100%に近づけて、耐久性もそれなりに高い生地に山と道の5-Pocketを乗せたパンツを作りたいと思った。僕は5-Pocketの使いやすさに中毒しているので、どうにか新しい生地との出会いを待つしかなかった。

そこに、ひとつの出会いがあった。ニュージーランドの自社牧場で大切に育てたメリノ羊の羊毛を、イタリアの自社工場で糸作りから生地にするまでを一貫生産している老舗メーカーのメリノ生地で、風合いも肌触りも良かった。

3年目、いくつかその生地を入手してサンプルを作り、秋から春まで履き続けてみた。さすがにメリノは履き心地が抜群で、すごく暖かいわけではないけれど適度な厚みがあり、しなやかで動きやすい。

それまで厚手の生地や薄手の生地、硬い生地や柔らかい生地、様々な生地をいくつも試してきて、最終的には暖かな厚手の生地ではなく、行動着としても使える中厚の生地を選択することにした。

あと、気になるのは生地の耐久性だ。1シーズン履き続けてみると、若干のピリングはあったものの見た目がおかしくなるほどの毛羽立ちはなく、気持ち良く経年変化していった。3年かけて、ようやくこのパンツが形になったと感じた。

ともあれ、この5-Pocket Merino Pantsの魅力をどう表現すれば良いのだろう? 山と道のWinter Hike Pantsのような雪山のための高機能テクニカルウエアではないし、特別な日に履くお洒落着でもない。

僕にとって5-Pocket Merino Pantsは、毎日履いていたいと思えるパンツだ。履くとしなやかで柔らかく、化繊のフリースのようなさらりとした着心地とはまた違い、生地が呼吸をしているように脚に触れ、僕は肌が喜んでいると感じる。

厳冬期の高所の雪山へ行くなら、もちろんWinter Hike Pantsを履く。けれど、街と冬の低山を繋いで歩くような旅なら、僕はこんな天然繊維のパンツを履きたいと思う。朝も、昼も、夜も、毎日履いても、気持ちよさは続くに違いない。とにかく、ずっと履き続けたくなるパンツなんだ。

続きをよむ

デザインと機能

足の動きを妨げない山と道の5-Pocket

山と道独自の5-Pocketは、地図や行動食、財布など、ハイキング中に必要な物がすっきりと収まり、足の動きを妨げません。とくにスマートフォン用ポケットは、入れていることを忘れてしまうほどです。

また、どんなシチュエーションでも足の動きを妨げないよう股下に大きくマチを入れ、日本の山のようなアップダウンの激しいトレイルも快適に歩けます。

素材

NZ産100%メリノウール毛を使用したイタリア生産の生地

素材には羊の飼育から糸作り、生地作りまで一貫生産を行なっているイタリアの老舗メーカーの100%メリノウール糸から生産した生地を採用し、裏面にコーデュラ・ナイロン糸のリップストップを入れることで、メリノウールの柔らかな履き心地や肌触りと、山の中でもラフに履けるタフさを兼ね備えたパンツになっています。

耐久性についても、長期間着用すると若干のピリングは起きますが簡単にケアできる範囲で、経年変化の楽しみな素材です。

メリノウールについて

概要

ウールは調温調湿性、保温性、消臭性など、羊が過酷な自然環境を生き抜くために身につけてきた多種多様な特性を備えた天然繊維です。

なかでもメリノ種の羊から取れるメリノウールは、繊維が一般的なウールよりも細く柔らかいためチクチクせず、肌着としても着用できることに大きな特徴があります。

ウール/メリノウールは、夏は涼しく、冬は暖かく、水や雨に濡れても体が冷え難く、長時間着用を続けても臭いが気にならないなど、自然の中で行動するハイカーが必要な機能を多く兼ね備えた素材です。

ウールの構造

ウールの繊維は、人の髪の毛や皮膚と同じアミノ酸からなるタンパク質を成分とし、人間の髪の毛の表面のキューティクルと同様にウロコ状になった「スケール」という表皮と、「コルテックス」という皮質部から成っています。

「コルテックス」は、オルソ・コルテックスとパラ・コルテックスというそれぞれ吸湿性が異なる皮質が組み合わさった構造からなり、性質の違う皮質が組み合わされることで、ウール繊維は「クリンプ」と呼ばれる縮れた形状になっています。

この構造が、後述するウールの持つ優れた調温調湿性や保温性、汗冷えのしにくさなど、様々な特性を生んでいます。 

ウールの特性

ウールのデメリット

上記の通りウール/メリノウールは優れた特性と機能を持つ繊維ですが、もちろん欠点もあります。どうぞメリット/デメリットをご理解の上ご着用ください。

水を吸って重くなる

含水率が高いウールは生地中に多くの水分を吸収できるため、化繊に比べると乾くまでに時間がかかります。ただし、速乾性の高い繊維は水分蒸発と共に気化熱が生まれ、体温をも素早く奪ってしまうリスクがあります。また速乾性に関しても、同じ生地厚であればコットンより早く乾燥します。

虫に食われやすい

ウールやカシミヤ、シルクなどのやわらかい動物性繊維は、衣類害虫に最も好まれます。

擦れて穴が開きやすい

ウールは繊維長が短いため、擦れると繊維が抜けやすく、化繊や綿素材と比べて比較的生地が痩せて穴が開きやすい素材です。

本稿は繊維加工会社・試験機関への取材と参考文献を元に編纂しました。

参考文献:『羊毛の構造と物性』日本羊毛産業協会編 繊維社刊

ご注意

お洗濯上のご注意

・中性洗剤をご使用ください。

・洗濯機で洗う場合は30℃以下の水で弱流水コースをご使用ください。

・単体で洗うか、ネットに入れて洗うことを推奨します。

・柔軟剤、漂白剤は使用しないでください。

・乾燥機の使用は避け、強く絞ったりせずに日陰で平干ししてください。

・アイロン使用時は「低温」モードで当て布をしてください。

・クリーニング店でのドライクリー二ングは可能です。

・ウール生地の特性上、洗濯後に若干の斜行が起こる場合があります。

*虫食いについて
洗濯と乾燥を充分に行ってから保管し、防虫剤は使用方法を守って活用してください。

返品・交換について

製品の不具合、不良品に関しましては返品・交換を承ります。

お客様都合による返品・交換はお受けできませんので、ご了承の上ご注文ください。

発送について

こちらの商品は佐川急便での発送となります(ゆうパケットは使用できません)。

サイズ交換について

商品ご購入後、製品のサイズが合わなかった場合は、交換対応をさせていただきます。
交換に際し、必ず以下の内容をご確認のうえご連絡ください。

・ 未使用品のみ交換させていただきます。試着程度は問題ございません。
・ 商品が到着後7日以内に弊社宛てに発送してください。
・ 商品を弊社で確認し、たばこや化粧品等の臭い、汚れ等がないことが認められた場合のみとなります。

【返品~交換商品到着までの流れ】

①商品到着後、必ず5営業日以内に、CONTACTの「サイズ交換に関するお問い合わせ」よりご連絡ください。

②お問合せ内容ご確認後、交換お手続につきましてご案内メールお送り致します。

③弊社からの返信を確認後、商品到着日より7日以内にお手元の商品を当社に元払いでご返送願います。

④ご返送頂いた商品の検品後完了後、交換商品を送料弊社負担で発送致します。

洗濯について

洗濯機のドライコース(弱流水で洗うコース)をご使用ください。

なるべく単体かネットに入れて洗ってください。30℃が適温です。

中性洗剤を使用し、柔軟剤、漂白剤は使用しないでください。

乾燥機の使用は避け、日陰で乾燥させてください。

ドライクリーニング可能です。

虫食いについて

洗濯と乾燥を充分に行ってから保管し、防虫剤は使用方法を守って活用してください。

SHARE