BUY

Yamatomichi Sacoche

46g - 65g

¥4,600 +Tax

歩きながら道具や行動食を素早く取り出せるサコッシュ

山と道の定番サコッシュは、歩きながらでも道具を取り出しやすい横型を採用しました。

マチ付きの本体は荷物を入れると自立して置くことができ、ラインロック付きのストラップは歩くときは体に引き寄せたり、荷物を取り出すときは下げたり、歩きながら簡単に長さを変えられます。

それぞれ特性の異なる3種類の素材をご用意し、シーズンごとに豊富なカラーバリエーションを展開しています。

・長さ調節が容易なストラップ
・荷物を取り出しやすい横長のデザイン
・自立可能な幅9cmのマチ
・豊富なカラーバリエーション

*定番カラーや人気色に関しては再販することもあります。

SPEC

Size of main compartment:
W27cm x H18cm
Size of front pocket:
W27cm x H15cm
Width of Gusset:
9cm(main compartment 4.5cm x front pocket 4.5cm)
Main material:
Fibermax 64(Spinnakers)
X-Pac VX07 Soft
X-Pac LS07
Spectra Cross Diamond
Shoulder strap material:
200D Oxford Nylon fabric / Polyester 89% Cupra11%
Weight:
46g / 1.62oz – Fibermax 64(Spinnakers)
65g / 2.3oz – X-Pac VX07 Soft / Spectra Cross Diamond
58g / 2oz – X-Pac LS07

制作ノート

夏目彰(山と道)

僕が山のサコッシュを強く意識したのは、2009年に雑誌『BE-PAL』でハイカーズデポの土屋智哉さんがジョン・ミューア・トレイル(JMT)をスルーハイクした模様を紹介した記事が最初だった。

そこで土屋さんがたすき掛けにしていたポーチは、その当時サンフランシスコ在住で西海岸のトレイルを多く歩かれていた「ベーさん」こと勝俣隆さんが自作したもので、のちにハイカーズデポからHiker Sacoche ”BB Style”として寸分たがわぬ形で発売されるのだけれど、ULハイクのなんとも軽やかな新しい「匂い」のようなものを、僕に感じさせてくれたように思う。

翌2010年、僕たちはHiker Sacoche ”BB Style”を持って夫婦でJMTに向かった。アメリカの西海岸のトレイルには心がガツンとやられ山と道ONEの「制作ノート」にも書いたように、日本に住む僕たちが感じたことを素直に自由に道具に表現していこうと決心した。

そうしてあらためて日本の山を歩き、大きすぎず、小さすぎないサイズ感や横型で中身を取り出しやすいポケット、長さ調節が容易なストラップなど、僕がサコッシュに求める機能をフルに詰め込んだこのYamatomichi Sacocheを作った。

ファスナーを付けるかはとても迷ったけれど、結局使わなかった。トートバッグみたいにバッと開く方が取り出したいものをすぐに出せて使い勝手が良いし、シンプルで気持ち良いと思ったからだ。急峻な山では荷物を落としそうだと思われるかもしれないけれど、これまで多くの山を一緒に歩いてきても、胸元に引きつければ問題はなかった。

そしてYamatomichi Sacocheは、ラインロックでストラップの長さ調節がとてもスピーディにできるのだ(さすがに穂高のジャンダルムや大キレットなど手足をフルに使わないといけないような場所ではバックパックにしまっている)。テントのガイラインなどに使われるラインロックで簡単に上げ下げ出来る構造をバッグに採用したのは、この山と道サコッシュが最初だと思っている。

サコッシュを一度使ってみれば、行動食や地図やサングラスなどを歩きながら、いつでも気軽に取り出せる便利さに誰もが気づくだろう。テントで寝ているときにも貴重品を枕元に置いておくことができるし、出発するときもそれを持って歩き始めればいい。ちょっとしたサミットバッグにもなるし、山小屋で貴重品を手元に置いておくときも便利だ。山から山へと歩く旅の途中で街に降りたときも、とても便利なことも伝えておきたい。

続きをよむ

デザインと機能

本体は一般的な登山地図のサイズに合わせ、物の出し入れがしやすいよう横長にデザインしました。9cmのマチ幅があり、中に物を入れることによって自立します。

長さ調節が容易なストラップ

日本のような起伏の激しいトレイルでは、登りの際に膝を高く上げることも多くあります。

Yamatomichi Sacocheは本体が足が当たらないように胸元に引き寄せたり、小腹が空いたらストラップを引き下げて行動食を取り出したり、それらの動作をスピーディに行うことが可能です。

素材について

山と道サコッシュはそれぞれ個性の違う4種類の素材をご用意しています。

軽量さとカラフルさを求める方にはファイバーマックス64(スピンネイカー)を、防水性と耐久性を求める方にはX-PacVX07ソフト、X-PacLS07を、ゼロ年代のULギア的な雰囲気がお好みで堅牢性を求める方にはスペクトラクロスダイアモンドをお勧めします。

ご注意

製品ケアについて

・物を入れ過ぎないでください。とくにフロントポケットに物を入れ過ぎると落し物の原因になります。

・防水性のバッグではありません。大事なお荷物は事前にジップ付きビニール袋に入れるなど別途防水対策をご検討ください。

・汚れた場合はぬるま湯に中性洗剤を溶かし、タオルに染み込ませて拭き取ってください。拭き取った後はよく乾燥をさせてください。

・ナイロン素材は熱に弱いため、アイロン、乾燥機はご使用できません。

・使用後は製品を乾かし、涼しく乾燥した場所に保管してください。

・生地の劣化を防ぐため必要以上の紫外線にさらさないでください。

発送について

ヤマト運輸の「ネコポス」での発送が可能な製品です。

【ネコポスについて】
送料:全国一律240円

・ポストに投函・配達します。*ポストに入らない場合は持ち戻ります
・宅急便同様のお届け日数で、全国翌日配達されます。
・日時指定には対応しておりません。
・お届け先が遠方や離島などの一部地域の場合や差出時刻など、条件により到着日が異なる場合があります。

*ネコポスでの発送は、発送箱のサイズの都合により1点のみとなります。2点以上お買い上げのお客様は複数回に分けてご注文いただくか、製品購入ページの備考欄に「宅急便希望」とご記入ください。

返品・交換について

・製品到着後、7日以内であれば返品と交換を承ります。

・製品の不具合、初期不良、内容の相違、サイズ違い等で返品・交換をご希望されるお客様はCONTACTのフォームよりお問い合わせください。

・お客様都合による返品・交換はお受けできません。ご了承の上ご注文ください。

その他、返品できる製品/できない製品や返品時の送料等についてはBUYING GUIDEのページからご確認ください。

修理について

【修理の流れ】

①お問合せ
CONTACTページお問合せフォームよりご連絡ください。その際、製品名、破損内容、ご購入時期をご記載ください。
*弊社オンラインショップにてご購入のお客様は、お分かりになればご注文番号を併せてご記載ください。

②メールにてご案内
お問合せ内容確認後、修理方法・工賃・納期についてのご案内をメールにてお送り致します。メール受信後、送料元払いにて弊社宛にご送付ください。工賃の入金を確認後、修理に入らせていただきます。
*修理内容によりますが、完成まではおおよそ2週間〜6週間のお時間を頂いております。

③修理済み製品のご発送
修理完成次第、発送させていただきます。
*ご返送時の送料はお客様負担となります。予めご了承ください。

修理のおおよその金額など、詳しくはBUYING GUIDEをご確認ください。

SNS

  • This error message is only visible to WordPress admins

    Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

    There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

    Error: Hashtag does not exist.

    Please make a post that uses this hashtag to display this feed.

    Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached. Feed may not display until 1月 8, 1970 9:00 am.

    If you need to display more than 30 hashtag feeds on your site, consider connecting an additional business account from a separate Instagram and Facebook account.

SHARE