BUY

Merino Full Zip Hoody

293g (Size S) / XS~XL

¥17,000 +tax

100%メリノの「普通のパーカ」

見た目は「普通のパーカ」ですが、中身は普通ではありません。

化繊×メリノ混合生地と比べても遜色ない強度を持つ山と道オリジナルの100%メリノウール生地は適度な厚み(170~180g/m)で行動中も暑くなりすぎず、さらにフロントのダブルジップが行動中の熱気を効果的に排出します。

もちろん、100%メリノウールならではの天然の調温・調湿機能や消臭機能は、たとえ何日も着替えられない状況でも快適な着心地を維持します。

・100%メリノウール
・より生地強度を高めたオリジナル生地
・逆開のダブルジップ
・優れた調温調湿機能
・天然の消臭機能
・保温性を高めるリブ

SPECIFICATION

Material:
100% Merino Wool(170-180g/m2, 19.5μ)
Weight:
293g (Size S) / 10.3oz
*天然繊維のため湿度やロットによっても重量には多少変動があります。

SIZING

XS S M L XL
着丈 65 68.5 71 73 74.5
身巾 47 51 54 57 60
袖丈 66.5 71.5 73.5 75.5 77.5
ファスナー丈 58 61 64 65 66
裾巾 36.5 40.5 43.5 46.5 49.5
XS cm
着丈 65
身巾 47
袖丈 66.5
ファスナー丈 58
裾巾 36.5
S cm
着丈 68.5
身巾 51
袖丈 71.5
ファスナー丈 61
裾巾 40.5
M cm
着丈 71.5
身巾 54
袖丈 73.5
ファスナー丈 64
裾巾 43.5
L cm
着丈 73
身巾 57
袖丈 75.5
ファスナー丈 65
裾巾 46.5
XL cm
着丈 74.5
身巾 60
袖丈 77.5
ファスナー丈 66
裾巾 49.5

*サイズはあくまで参考値となり、縫製時の縫縮や素材から生じる誤差があります。

サイズについて

制作ノート

夏目彰(山と道)

『やっぱり欲しくなった』

数年前に山と道Merino Hoodyをリリースしたときから、「フルジップを作らないのか?」と聞かれることが多く、そのたびに「腹部の保温性を大事にした製品だから、フルジップの制作は考えていません」と答えてきた。

けれど、みんなに言われるたびに僕自身、少しづつフルジップのフーディが欲しくなってきた。「フルジップになっても、腹部にポケットはあり、生地は2枚仕立てになっているのだから、腹部の保温性は大きく低下しているわけではない」と言い訳を考えて、とうとう試作品を作ってみた。

1シーズン着てみると、これはこれで手放せないと思うようになった。フルジップの脱ぎ着のしやすさは素晴らしく、さっと羽織るのにはちょうどよい。

Merino Hoodyの利点は、トンネル状につながったカンガルーポケットに地図や着替えなどを入れて腹部の防風性や保温性を高められることだった(ぜひメリノフーディの制作ノートをご覧ください)。Merino Full Zip Hoodyのポケットには入れられるものも限られるので、腹部の保温という意味ではかなわないのだけれど、フルジップにはその利点を秤にかけても十分に価値があると思えた。

Merino Hoodyが肌寒い季節の山でずっと着続ける行動着という位置づけなら、ダブルジップで行動中にヒートアップしそうな身体から熱気を一気に換気することもできるMerino Full Zip Hoodyは、脱ぎ着が多い少し暖かな季節の山や街中でちょうどいい道具になる。

Merino HoodyとMerino Full Zip Hoodyのどちらを選ぶべきか、使うシチュエーションで考えてみてくれたら嬉しい。(2019年12月)

続きをよむ

デザインと機能

換気性と利便性

山と道のフーディには先行してMerino Hoodyというハーフジップの製品があります。

Merino Hoodyの最大の特徴は腹部の保温性や防風性を高めるカンガルーポケットにあり、これは行動中も熱くなりすぎない適度な生地厚(170~180g/m)としつつ、体温保持に重要な腹部を冷やさないためのアイデアでした。

Merino Full Zip Hoodyはそのフルジップ版ですが、プロダクトとしての性格はやや異なります。フルジップになったぶん腹部の保温性能は低下しましたが、その代わりに手に入れたものは前が開くようになったことによる圧倒的な換気性です。つまり、Merino Full Zip HoodyはMerino Hoodyより気温や行動負荷が高い状況に対応した行動着と言えます。

もちろんフルジップは脱着も容易で、その利便性は山でも街でも感じるはずです。ミドルレイヤーとしてはもちろんライトアウターとしても着用しやすいため、活躍の場面もMerino Hoodyとは微妙に異なります。

素材について

より強度を高めた100%メリノウールのオリジナル生地

Merino Full Zip Hoodyで使用している100%メリノウールは、山と道が独自開発したオリジナル生地です。

ウールには夏涼しく冬暖かい天然の調湿機能や消臭機能など優れた特性を持ちますが、反面、強度が弱く耐久性が低いという欠点があります。それを補うために、多くのメリノ生地は化繊との混紡を行なっていますが、混紡率に応じてウールの機能も低下していました。

山と道はウールの機能性を最大限発揮するべく、メリノウール100%にこだわり、強度、耐久性を高めるために、2本の糸をより合わせた「双糸」のメリノ糸を使用することで、化繊混紡素材と比較して強度、耐久性ともに遜色ない100%メリノウール生地を作りました。

生地の開発は日本のウールの一大生産地である尾州(愛知・岐阜)のチームと行い、生産はオーストラリア産のメリノ糸を日本の技術で紡績・撚糸・染色し、尾州で編み立てています。

なぜ100%メリノウール?

上は蒸し暑い環境(気温30度・湿度90%)と、快適な湿度の環境(気温20度・湿度65%)のそれぞれで、繊維が含む水分率を比較した図表です。

蒸し暑い環境では繊維がより多くの水分を含む方がサラッとした着心地につながり、一方湿度が低い場合は過度に水分を吸いすぎない方が潤いを保ってくれます。この両者の水分率差は環境に応じて衣類内を調湿する性能を表しており、快適性に繋がることが実証されています。

水分率差6.8%のメリノ100%生地は蒸し暑い環境で衣類内をドライに保ち、湿度が低ければ適度な水分率を保ちます。このことが、メリノウールが「天然のエアコン」とも言われる所以になっています。

一方で化繊100%生地は水分率差0.3%と外部環境に応じた調湿機能に劣ることがわかり、蒸し暑い環境では衣類内がベトつき不快な状況となります。

メリノ50%/化繊50%の混紡生地では水分率差が2.9%にとどまり、メリノウールの優れた吸湿・放湿特性も混紡率と共に低下していることがわかります。

生地強度を高める「双糸」

ウールは比較的強度が高くない素材とされています。そのため、多くのメリノ生地は強度や耐摩耗性を高める目的で化繊を混紡していますが、混紡率が高まるほどウールの優れた特性も相対的に減ってしまいます。

メリノ生地には1本の糸の「単糸」と複数の糸をより合わせたものがあり、2本の糸をよりあわせたものは「双糸」と呼ばれています。単糸を使用した素材は柔らかくソフトな風合いに仕上がりますが、双糸を使用した素材は強度が増し、毛羽立ちが少なくコシのある風合いに仕上がります。

通常のメリノ生地は100%メリノでも化繊混紡でも単糸が使われることが多いですが、山と道は双糸を使うことで、化繊混紡素材と強度の面で遜色がないメリノ100%生地を作りました。

山と道メリノウールの生地強度・耐久性試験結果

山と道メリノウールの生地強度と耐久性を調べるため、混紡率の違う2種類の化繊混合メリノウールとの比較検査を行いました。

生地強度については生地の破裂するまでの圧力を計測する耐破裂性テスト(JIS L 1096A法)を行い、耐久性については検査機で摩擦し糸切れするまでの回数を計測する耐摩耗性テスト(JIS L 1096E法)で計測しています。

結果、双糸を使用した山と道のメリノウールは生地強度に関しては化繊混合メリノウールを上回り、耐久性に関しても化繊が13%混紡されたメリノウールより高い値となりました。

メリノウールについて

ウールは調温調湿性、保温性、消臭性など、羊が過酷な自然環境を生き抜くために身につけてきた多種多様な特性を備えた天然繊維です。

なかでもメリノ種の羊から取れるメリノウールは、繊維が一般的なウールよりも細く柔らかいためチクチクせず、肌着としても着用できることに大きな特徴があります。

ウール/メリノウールは、夏は涼しく、冬は暖かく、水や雨に濡れても体が冷え難く、長時間着用を続けても臭いが気にならないなど、自然の中で行動するハイカーが必要な機能を多く兼ね備えた素材です。

ウールの構造

ウールの繊維は、人の髪の毛や皮膚と同じアミノ酸からなるタンパク質を成分とし、人間の髪の毛の表面のキューティクルと同様にウロコ状になった「スケール」という表皮と、「コルテックス」という皮質部から成っています。

「コルテックス」は、オルソ・コルテックスとパラ・コルテックスというそれぞれ吸湿性が異なる皮質が組み合わさった構造からなり、性質の違う皮質が組み合わされることで、ウール繊維は「クリンプ」と呼ばれる縮れた形状になっています。

この構造が、後述するウールの持つ優れた調温調湿性や保温性、汗冷えのしにくさなど、様々な特性を生んでいます。

ウールの特性

ウールのデメリット

上記の通りウール/メリノウールは優れた特性と機能を持つ繊維ですが、もちろん欠点もあります。どうぞメリット/デメリットをご理解の上ご着用ください。

水を吸って重くなる

含水率が高いウールは生地中に多くの水分を吸収できるため、化繊に比べると乾くまでに時間がかかります。ただし、速乾性の高い繊維は水分蒸発と共に気化熱が生まれ、体温をも素早く奪ってしまうリスクがあります。また速乾性に関しても、同じ生地厚であればコットンより早く乾燥します。

虫に食われやすい

ウールやカシミヤ、シルクなどのやわらかい動物性繊維は、衣類害虫に最も好まれます。

擦れて穴が開きやすい

ウールは繊維長が短いため、擦れると繊維が抜けやすく、化繊や綿素材と比べて比較的生地が痩せて穴が開きやすい素材です。

本稿は繊維加工会社・試験機関への取材と参考文献を元に編纂しました。
参考文献:『羊毛の構造と物性』日本羊毛産業協会編 繊維社刊

ご注意

製品ケアについて

・洗濯は中性洗剤を使用し、水温30℃以下の弱流水コースで行なって下さい。
・洗濯は単体かネットに入れて行なってください。
・乾燥は強く絞らず、シワを伸ばし形を整えてから日陰で平干しして下さい。
・乾燥機は使用しないで下さい。
・柔軟剤、漂白剤は使用しないで下さい。
・アイロンがけはスチームは使わず低温で行なって下さい。
・生地の特性上、洗濯後に若干の斜行が生じる場合があります。

発送について

・ご購入後にご注文確認メールをお送りします。
・ご入金確認後、7営業日以内に製品を発送します。
・製品が発送された時点で製品発送完了メールをお送りします。
・大型連休、災害、悪天候、ご注文の集中等により配送に遅延が発生する場合があります。

【日本国内のお客様】

沖縄県・離島を除く全国:佐川急便で発送します。
送料:500円
沖縄県・離島:ヤマト運輸で発送します。
送料:500円(離島)/1,000円(沖縄県)

【海外のお客様/Overseas customers】

EMSにて発送します。送料に関しましてはお住いのお国、地域によって異なります。
Ships by EMS. Shipping costs vary depending on your country and region.

サイズ交換について

ご購入後、製品のサイズが合わなかった場合は、交換対応をさせていただきます。交換に際し、必ず以下の内容をご確認のうえご連絡ください。

・未使用品のみ交換いたします。試着程度は問題ありません。
・製品が到着後7日以内に弊社宛てに発送してください。
・製品を弊社で確認し、たばこや化粧品等の臭い、汚れ等が認められた場合は返品をお断りする場合があります。

【返品~交換製品到着までの流れ】

①製品到着後、5営業日以内にCONTACTの「サイズ交換に関するお問い合わせ」よりご連絡ください。
②お問合せ内容ご確認後、交換お手続につきましてご案内メールお送り致します。
③弊社からの返信を確認後、製品到着日より7日以内にお手元の商品を当社に元払いでご返送願います。
④ご返送頂いた製品の検品後完了後、交換製品を送料弊社負担で発送致します。

修理について

【修理の流れ】

①お問合せ
CONTACTページお問合せフォームよりご連絡ください。その際、製品名、破損内容、ご購入時期をご記載ください。
*弊社オンラインショップにてご購入のお客様は、お分かりになればご注文番号を併せてご記載ください。

②メールにてご案内
お問合せ内容確認後、修理方法・工賃・納期についてのご案内をメールにてお送り致します。メール受信後、送料元払いにて弊社宛にご送付ください。工賃の入金を確認後、修理に入らせていただきます。
*修理内容によりますが、完成まではおおよそ2週間〜6週間のお時間を頂いております。

③修理済み製品のご発送
修理完成次第、発送させていただきます。
*ご返送時の送料はお客様負担となります。予めご了承ください。

修理のおおよその金額など、詳しくはBUYING GUIDEをご確認ください。

SNS

  • This error message is only visible to WordPress admins

    Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

    There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

    ユーザーにリクエストされたハッシュタグ「yamatomichi_shirt」はアクセス許可がないか、無効または存在しないため表示できません。

    ユーザーにリクエストされたハッシュタグ「yamatomichis_sacoche」はアクセス許可がないか、無効または存在しないため表示できません。

    ユーザーにリクエストされたハッシュタグ「yamatomichi_light5pocketshorts」はアクセス許可がないか、無効または存在しないため表示できません。

    ユーザーにリクエストされたハッシュタグ「yamatomichi_cap」はアクセス許可がないか、無効または存在しないため表示できません。

    Click here to troubleshoot.

SHARE