HOME / NEWS /

HIKE LIFE COMMUNITY2018
京都・山食音

11/23(金・祝)に開催するHIKE LIFE COMMUNITY2018 京都・山食音のトークイベントの予約を開始しています。

日程:トークと懇親会11/23(金・祝)
時間:トーク18:00pmより(1.5h)・懇親会19:30より(1.5h)
イベント会場: 山食音 
https://www.yamatomichi.com/stores/36
住所: 京都府京都市上京区河原町通今出川梶井町448-13 清和ビル 2F
お問い合わせ:yama.shoku.on@gmail.com
参加費:トーク 1,000円 / 懇親会1,500円+ドリンクキャッシュオン
定員:30名(着席は15名のみとなります)

予約は下記の予約サイトから事前にお願いします。
お支払いは当日になります。

HIKE LIFE COMMUNITY2018 京都・山食音予約ページ

トークは山食音店主の東岳志、山と道アンバサダーの中川裕司と、山と道の夏目彰、HLCディレクターの豊嶋秀樹の4人での座談形式で行います。
「ハイク」「ライフ」「コミュニティー」をキーワードに、参加者のみなさんとも一緒に話せるようなカジュアルなトークの場にしたいと思います。

東岳志(あずま・たけし)

山と道がPLANT LAB.と共同運営する京都『山食音』店主。

サウンドエンジニアとして、様々な音楽、映画、演劇などの録音、音響を担当。
自身が毎日自然の中にいたり、食事で身体が変わったことがきっかけとなり、音響技術の延長線に食事や環境までサポートすることの重要性を感じ、エンジニア業の隙間、週末に食堂PLANT LAB.を始める。 
2015年、山にまつわる展示会 「hikers directions showcase」を企画。
2016年、山と道と共同でミールスを中心とした食堂と山道具の店、『山食音』を立ち上げ、運営する。
『山食音』ではイベントなども頻繁に行いながら、地元・近畿の自然で暮らすことについて徹底的に特化した店を目指す。

中川裕司(なかがわ・ゆうじ)

アジアや中東を中心に旅をしていた経験から、各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、Patagoniaでもパートタイマーとして所属。
旅中、チベットやカラコルム、ラダック等の山での生活文化や風景に魅せられて、アウトドアにハマっていく。
ウルトラライトスタイルに、持ち前の機動力を活かして、縦走路を駆けまわって、ハードリカー飲みながら野営するのが1番の大好物。
大阪在住で、京都の山食音とコラボしながら、関西のハイキング企画を随時発信中。

夏目彰(なつめ・あきら)

世界最軽量クラスの山道具を作る小さなアウトドアメーカー「山と道」を夫婦で営む。30代半ばまでアートや出版の世界で活動する傍ら、00年代から山とウルトラライト・ハイキングの世界に深く傾倒、2011年に「山と道」を始める。2016年には京都に「山食音」をPLANT Labと共同でオープン。2017年にはこのHIKE LIFE COMMUNITYを始め、「山と道」ホームページもウェブメディア化、2018年には台北にCOW Records、Raying Studioと共同で「samplus」をオープンするなど、さらなる拡大を図る予定。私生活では待望の第一子を授かりメロメロに。以前のように山に自由に行けなくなったことに多少の危機感を抱きつつも子育て奮闘中!

豊嶋秀樹(とよしま・ひでき)

作品制作、空間構成、キュレーション、イベント企画などジャンル横断的な表現活動を行う。現在はgm projectsのメンバーとして活動。山と道とは共同プロジェクトである「ハイクローグ」を制作している。九州の仲間と活動するハッピーハイカーズの発起人。
ハイクのほか、テレマークスキーやクライミングにも夢中になっている。ベジタリアンゆえ南インド料理にハマり、ミールスのお皿にするバナナの葉の栽培を趣味にしている。妻と二人で福岡在住(あまりいませんが)

SHARE