HOME / NEWS /

『山と道HLC』6月・7月開催プログラムのお知らせと終了プログラムのご報告

山と道のHIKE LIFE COMMUNITYプロジェクト『山と道HLC』は、6月、7月から新たな4つのプログラムがスタートします。

ウルトラライトハイキングのスタイルで宿泊を伴う2日間のハイキング「2 Days Hiking」、各地のローカルエリアを再発見する「Local Study Hiking」、各地のアンバサダーの興味や得意とすることを活かしたプログラム「Ambassador’s Signature」、ハイキングの初心者やファミリーで歩きたい方へ向けた「Beginner & Family Day Hiking」の4つのプログラムです。

各プログラムの詳細は下記をご参照ください。

2 Days Hiking

「UL Hiking Event / 2 Days Hiking」は、ウルトラライトハイキング(ULハイキング)のスタイルで行う宿泊を伴う2日間のハイキングです。ULハイキングのセオリーや道具を実際のハイキングで実践する2日間です。タープやツエルトといった、自然をダイレクトに感じるフロアレスのシェルターで眠る山での夜は格別な体験となるでしょう。

山と道HLCのULハイキング「Lecture & Practice」を受講されていない方やULハイキングの経験のない方は、あらかじめ道具や行程についてアンバサダーへご相談の上ご参加ください。

HLC東北・UL Hiking Event / 2 Days Hiking
三ツ石山(網張温泉スキー場〜三ツ石山〜三ツ石山荘泊〜網張温泉スキー場)

山と道アンバサダー・HLC東北担当
上野裕樹さん(knotty代表)よりメッセージ

『三ツ石山』は岩手県八幡平市にある山です。(標高1466m) 名前の由来は、山頂にある岩がどの方向からみても三つの岩に見えることから名付けられたそうです。秋には紅葉のスポットとして全国からハイカーが訪れます。山頂からは、岩手山、秋田駒などを拝むことができ、山を降りてからの網張温泉も最高ですよ!!!

6月22日(土)12:00 ~ 23日(日)13:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=4YvLqwXq9GM

上野 裕樹 Hiroki Ueno

山と道HLCアンバサダー/『knotty』代表。
1976年生まれ。岩手県盛岡市出身紫波町在住。
10代の頃 ニューヨークに渡りダンスとブラックカルチャーにどっぷりはまる。
帰国後 幼い頃に父親と登山やスキーをしていた事を思い出し山へ行ってみる。
山の奥深さに魅力され石井スポーツで働きだす。
登山、バッグカントリースキー。クライミング、マウンテンランニング、沢登とオールシーズン自然を楽しむ。
安全で楽しい山遊びを伝えていきたいと思い、岩手県紫波町にアウトドアショップ『knotty』を立ち上げる。
「自然」「山」「人」とのGROOVE感を求め日々精進中。

HLC北関東・UL Hiking Event / 2 Days Hiking
尾瀬(御池〜燧ケ岳〜見晴テント泊〜尾瀬沼)

山と道アンバサダー・HLC北関東担当
廻谷 朋行さん(LUNETTESスタッフ)よりメッセージ

初夏の尾瀬は、ニッコウキスゲを代表として様々な花々が咲き競います。今回は燧ケ岳を登り、自然豊かな尾瀬沼をハイキングします。バリエーション豊かなコースなのでULハイクを実践するには最適な場所かと思います。山の話や道具の話をみんなでいろいろな話をしながらハイキングしましょう!

7月13日(土)8:00 ~ 14日(日)14:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=pHLn2i2U_BY

廻谷 朋行 Tomoyuki Meguriya

山と道HLCアンバサダー/『LUNNETES』スタッフ。
20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。
那須のLUNETTESに通うなか、山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。
同時に山道具も自作できることに気づき、自作のザックで山に行くことに楽しみを覚える。
カメラメーカーを退職後『LUNETTES』のスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。

HLC四国・UL Hiking Event / 2 Days Hiking
石鎚山系(西之川〜石鎚山〜瓶ヶ森〜西之川 )

山と道アンバサダー・HLC四国担当
菅野哲さん(T-mountain 代表)よりメッセージ

西日本最高峰・石鎚山へ成就社側の表参道から登ります。(今回は初級の縦走登山なので、時間節約のためロープウェイも使用します)石鎚山頂からは土小屋へ下山、伊吹山を超えシラサ峠にてキャンプ。瓶ヶ森へ登頂後、台ヶ森経由で東之川へ下山予定。*岩稜帯の石鎚山頂からクマ笹の広がる氷見二千石原の瓶ヶ森まで、見渡す限りの絶景コースです!

8月3日(土)8:00 ~ 4日(日)14:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=sMMqrW9cFyM

菅野 哲 Tetsu Kanno

山と道HLCアンバサダー/『T-mountain』代表。
四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。
山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。
20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけてきた。
近年は、自分の生活に密着した里山や決して特別ではない近くにある山々の魅力に深く心をくすぐられている。
四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。
三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。

Local Study Hiking

「Local Study Hiking」は、私たちの住むローカルエリアの魅力を再発見するハイキングです。山と町、歴史、文化を、ハイカーならではの歩くという行為をつうじて学びましょう。慣れ親しんだトレイルや町並みもきっと新鮮に感じられることでしょう。

HLC北関東・Local Study Hiking / 那須岳の歴史
沼ッ原湿原〜三斗小屋宿跡

山と道アンバサダー・HLC北関東担当
廻谷 朋行さん(LUNETTESスタッフ)よりメッセージ

山岳信仰の霊場として江戸時代から昭和初期に至るまで多くの行者が 集まった那須岳。特に白湯山または高湯山信仰は温泉の湧出地を御神体としていた。今回は白湯山信仰の遺構が多く残り、江戸時代に参勤交代で利用された 三斗小屋宿跡地を目指して会津中街道を歩くことで、那須岳ハイキングの起源を辿る。お昼はカネルブレットのサンドイッチでランチ。

6月23日(日)9:00 – 15:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=hxU-7dvjaWQ

HLC関西・Local Study Hiking / 京都の林業の歴史
片波川源流

山と道アンバサダー・HLC関西担当
中川裕司さんよりメッセージ

普段は外部入林の許可がされていない片波川源流を巡る軽ハイキングです。京の都と深いつながりを持つ、樹齢約 800 年前後と推定される伏条台杉の群落をはじめ、片波川周辺の植物を観察します。

7月15日(月・祝)10:00 – 14:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=y4IboOzkgJU

中川 裕司 Yuji Nakagawa

山と道HLCアンバサダー。
チベットやカラコルム、ラダック等の山での生活文化や風景に魅せられて、アウトドアにハマる。旅の経験からアジアや中東各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、patagoniaにもパートタイマーとして所属。
持ち前の機動力を活かして、ウルトラライトスタイルで野山を駆けめぐり、ハードリカーを飲みながら野営するのがいちばんの大好物。
大阪在住なので京都の山食音とコラボしながら、関西でハイキングにまつわるイベントを企画、発信中。
愛称は『きんにくん』。

Ambassador's Signature

「Ambassador’s Signature」は、「アンバサダーの得意技」を意味します。各地を担当する山と道アンバサダーの興味や得意とすることを活かしたプログラムです。ULハイキングをベースとしつつ、他のアクティビティーと組み合わさることで、フィールドでの可能性は大きく拡がることでしょう。山と道のアンバサダーたちと一緒に、いつものローカルフィールドを新しい角度で楽しんでみてはいかがでしょうか。

HLC東北・Ambassador's Signature / スクランブリング
北上山地エリア

山と道アンバサダー・HLC東北担当
上野裕樹さん(knotty代表)よりメッセージ

今回の山岳エリアはクライミング技術が必要とされますので参加希望者はKnotty店舗前クライミングウオールで事前に一緒にクライミング練習出来る方に限ります。天候にも左右されやすいエリアになりますので前日の雨で中止もございますので宜しくお願い致します。

7月17日(水)7:00 – 16:00
*参加資格:Knotty店舗前クライミングウオールで事前に一緒にクライミング練習出来る方に限りる

詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=YzaQZbU33kg

Biginner & Family Day Hiking

「Beginner & Family Day Hiking」は、ハイキングの初心者やファミリーで歩きたい方へ向けたプログラムです。ULハイキングの軽量化された道具や考え方は、経験者による切り詰めたハイキングだけでなく、初心者や子供達の体力や経験の不足に対しても大きな恩恵を与えてくれます。軽い道具と心で軽快なハイキングを楽しみましょう。

HLC四国・Biginner & Family Day Hiking / ビギナーとファミリー向けデイハイキング
皿ヶ嶺(風穴〜皿ヶ嶺〜竜神平〜風穴)

山と道アンバサダー・HLC四国担当
菅野哲さん(T-mountain 代表)よりメッセージ

愛媛県松山市近郊にある皿ヶ嶺(1,278m)は、トレッキングの入門として四季を通して人気のある山です。石鎚山系が望める頂上や、湿原の竜神平でのんびりまったりしましょう。初めての方や、不安な方、お一人でもご家族でも、お気軽にご参加ください。歩行時間は合計4時間ほどの予定です、みんなで一緒にゆっくり歩いて楽しみましょう!

7月21日(日)9:00 – 15:00
詳細・お申しみ:https://select-type.com/ev/?ev=QQFOQQCUTIY

山と道HLC「Lecture & Practice」HIGHLIGHT

文:豊嶋秀樹
『HIKE LIFE COMMUNITY/HLC』プロジェクトリーダー
 

山と道HLCの「Lecture&Practice(座学と実践)」の始まりとして、「山と道の考えるULハイキング入門」という内容で、山と道代表の夏目彰さんが講師となって各会場でのプログラムを開始しました。

これは、ULハイキングに関してのビギナーから、なんとなく我流でULハイキングを実践しているハイカー向けのプログラムです。

アメリカ生まれのULハイキングの理論、哲学、道具、方法論にいたるまでを、山と道の夏目さんの解釈としてわかりやすくレクチャーしていただきました。

スライドによるレクチャーの後は、参加者それぞれが1泊2日のハイキング装備を持参し、ひとつひとつのギアの重さを測ってギアリストを作成しました。実際に、こと細かに自分の持ち物をはかりにのせて、リストに記録していくという作業は、ULハイキングで最も大切なことのひとつである、「必要なものしか持っていかない」ことへの、具体的な理解の手立てとして実感できたと思います。

屋外での実践編は、宿泊をともなうハイキングの重要な要素である、シェルターを色々と試してみる時間です。シェルターを変えることで、山で過ごす時間の質は大きく変わることも想像できたに違いありません。

SHARE