HOME / NEWS /

ホラオーディオ 試聴会 第6回『モノノネ』開催のお知らせ

山と道代表 夏目彰もスピーカーを愛用する滋賀・彦根を拠点とするクラフトオーディオメーカー、ホラオーディオ。そのホラオーディオのイベント『モノノネ』第6回を山と道研究所で開催いたします。

自然な音が特徴の木製ホーンスピーカー「MONO」からの音を通じて、「人と音楽」に焦点を当てる試聴会です。

6回目を迎える今回のゲストは、多岐にわたるデザイン活動で知られるgroovisions(グルーヴィジョンズ)の伊藤弘さん。伊藤さんはオーディオ愛好家でも有名で、『groovisions 100 tools』という幅広い分野の道具をセレクトした本も出版されています。

伊藤さんの選曲を試聴するのはもちろん、音楽とデザインとの関係やオーディオや道具といったテーマについてお話しする予定です。

晩秋の心地よい時期、ぜひお気軽にご参加ください。

ホラオーディオ試聴会 第6回『モノノネ』

ゲスト:伊藤弘(groovisions)

開催日:11月16日(土)
時間:開場 15:30〜 /開始 16:00〜

参加費:500円(ドリンク持ち込み可・ヨロッコビール販売予定)
定員:40名 ご予約はこちら

*あなたの愛する音楽をスピーカー「MONO」で再生致します。レコード・CDをぜひご持参ください。

ホラオーディオ 試聴会『モノノネ』とは

物の音(モノノネ)という古い言葉には、「楽器の音」そして「音楽」という意味があります。

モノノネを「者の音」と書いてみると、「人の音」となり、同じく「音楽」を意味するように思えます。

「MONONONE」は、ゲストをお招きし、スピーカー「MONO」の音(モノノネ)を通じて、その人の愛する音楽を聴く集いです。

「HORA AUDIO」と「MONO」のこと

文/写真提供:青柳亮 (HORA AUDIO)

2013年 夏にスタートした山と道 夏目さんとの鎌倉にある一軒家の改装工事。僕が木材を切り、夏目さんがペンキを塗るといった作業を続けた末、古い民家は山と道のショールーム兼アトリエとして姿を変えました。

その頃僕は、木工を主体として家具を作ったり、美術・音楽関係の仕事をしておりました。レコードは大好きだけど、オーディオには全く興味がありませんでした。

それが、とあるきっかけで、良いオーディオ装置で音楽を聴く楽しさに目覚めました。しばらくすると、自分でスピーカーを作って見たいという衝動に駆られました。なぜなら、現代ではメーカー品はほとんどなく、自作しないとなかなか聴くことができない種類のスピーカーが存在することを知ったからです。

1930年代に考案された「バックロードホーン」という電子制御なしで楽器のように音を響かせるスピーカー。木工技術を使ったら自分にも出来そうだと思って気軽に作り出したら、、、それはそれは、奥が深い世界。半年後、試行錯誤を繰り返した末に完成した、自分のための世界でひとつしかないスピーカー。

それが「HORA AUDIO」が生まれるきっかけになったスピーカー「MONO」です。

神奈川で立ち上げた「HORA AUDIO」は、現在は琵琶湖と山にかこまれた滋賀県彦根を拠点として活動しています。工房とショールームは、築150年の古い農家建築の中にあります。元々台所だった土間にある工房で手作業でスピーカー製作をしています。こんな空間で古いスタイルのスピーカーを作っていると時代錯誤な感じがしますが、実は「MONO」は都会的なスピーカーです。

通常はサイズが巨大なバックロードホーンシステムを、都市生活でも合うように小型に設計。日常の暮らしのなかで、空間がふわっと鳴り、音のボリュームが小さくても大きくても心地よく感じられるような音を追求しています。電気的な加工のない自然な音は、まさにオーガニックな感触。ずっと聴いていても疲れません。繊細な部分まで、耳と体に響いてきます。

音のことをあれこれ文章で表現してみても、本当のところは体験しないと分かりません。ぜひ試聴会に参加いただき、古くて新しい音を実際に感じていただけたら幸いです。

夏目さんのご紹介で、以前からずっとお話を伺いたかった伊藤弘さんをゲストに、山と道の新しいスペースで試聴会を開催できることを大変嬉しく思っております。

みなさまにお会いできることを、楽しみにしております。

HORA AUDIO
青柳亮

伊藤弘

東京を拠点に活動するデザイン・スタジオ「groovisions」代表。1963年生まれ。1993年に京都で活動開始。1997年東京に拠点を移動。以降の活動は、ミュージシャンのCDジャケットやPVのアートディレクション、さまざまなブランドのVI・CI、エディトリアルデザイン、展覧会でのアートディレクション、TVのニュース番組オープニングのモーショングラフィック制作など、その活動は多岐にわたる。また、設立当初よりオリジナルキャラクターの『Chappie』を手がけ、1999年には歌手としてCDデビューも果たしている。2016年、2003年から2009年まで運営していた「GRV1888」の跡地にて、セレクトショップ「三三屋」を京都にオープン。
groovisions.com

HORA AUDIO

2015年創業のクラフトオーディオメーカー。『音楽の体温を伝える』をテーマに、音楽を愛する人のための道具としてのオーディオづくりを志す。滋賀県彦根市にショールームと工房を有する拠点「horaana」を構え、楽器のような木製ホーンスピーカーを代表 青柳亮が全ての行程を手づくりで製作している。自然で生き生きとした音が特徴的なスピーカー「MONO」を通じて、心地よく音楽が響く時間の豊かさを伝える活動を行う。レコードシェルフ「MIMI」をはじめ、音楽にまつわるプロダクトを展開。2018年7月、MONOシリーズの新製品「monologue」を発表する。
hora-audio.jp

SHARE

TAGS