HOME / NEWS /

山と道HLC 12月のプログラムのお知らせ

山と道HLC年内最後のプログラムとなります。これまでのプログラムに参加してくださった皆さま、はじめましての方もご参加お待ちしております!

HLC東北ではアウトドアライターの中島英摩さんをむかえ「ゲストトーク&忘年会」、HLC北関東ではトレイルランナーでありヴィーガンレストランのシェフでもある薄井国能さんによる「フードワークショップ」、HLC関西では山食音のホームグラウンドでもある大文字山で「裏山忘年会」、そしてHLC四国では東温アルプスの主峰のひとつである皿ヶ嶺をハイキングした後、山小屋で忘年会を行う「1泊2日のULハイキング&忘年会」です。

山と道HLCとは

豊嶋秀樹(『HIKE LIFE COMMUNITY/HLC』プロジェクトリーダー

山と道HLCは、ULハイキングの楽しさを共有し、可能性を追求し、ともにハイキングカルチャーを育むコミュニティーです。

山と道HLCは、アンバサダーによって地域ごとに運営され、それぞれのフィールドに応じたプログラムを実施します。そして、地域をまたいだコミュニティーの交流の場として年に一度のお祭り、『山道祭 – HLC Hiking Festival』を開催します。

「コミュニティー」のない「ライフ(暮らしや営み、生活そして人生)」は味気ないですし、「ライフ」のないところに「ハイク」は存在できないでしょう。

山と道HLCは、そんな「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティー」の関係を個別ではなく循環的に捉え、より豊かな「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティー」の関係を築いていきたいと思っています。

HLC東北 12月7日(土)
Guest Seminar & Meetup / ゲストトーク&忘年会

12月のHLC東北のプログラムはスピーカーにアウトドアライターの中島英摩さんを迎え、”Guest Seminar & Meetup”を行います。

ごく普通のOLとして働いていた中島さんは、ジョギングをきっかけにアウトドアの世界に目覚め、フランスとスペインの国境にそびえる「ピレネー山脈」を始めとした世界各地の山々を旅し、2019年は世界最高峰とも言われるトレイルランニングレース『UTMB』の7つあるレースのひとつ『CCC』も完走するなど、国内外の長距離トレイルランニングレースにも数多く参加されています。当日はロングトレイルハイキングやトレイルランニングの話題を交えつつ、女性ハイカーならではのULハイキングについて語っていただきます。

そしてトーク終了後は、”Meetup”としてHLC東北の忘年会を行います。今年HLC東北にご参加いただいた方も初めての方も、ぜひご参加下さい。

ゲストトーク&忘年会

開催日:12月7日(土)
時間:午後7時~午前0時
場所:Bar&Dinner DOMINO 岩手県盛岡市中央通1丁目11−13
参加費:2000円 +1drink 

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=NIqSf_bKEWY

※参加費は当日現地にてお支払いください。

中島 英摩(アウトドアライター)

京都生まれ東京在住。テント泊縦走から雪山登山まで1年を通じて山に通う。趣味が高じてライターとなり、登山やトレイルランニングの取材・執筆をメインに、トレイルランニングの国内外の長距離レースにも出場。トルデジアン、UTMB、UTMF、分水嶺トレイル完走のほか、国内のロングトレイルやツールドモンブランのセクションハイクなども歩いている。

山と道東北HLCアンバサダー 上野裕樹よりメッセージ

今年1年の山遊びをみんなでワイワイ語り合いませんか? コミュ二ティの輪が広がる忘年会ですよ! 今回はゲストスピーカーにアウトドアライターの中島英摩さんを迎えて、女性目線でのロングトレイル・トリップの楽しみ方や、トレイルランニングレースでの装備など、面白いお話が聞けると思います。女性ハイカーはもちろん男性にも是非聞いて頂きたいです。皆さまのご参加お待ちしております。

HLC四国 12月7日(土)- 8日(日)
2Days Hiking & Meetup / ULハイキング & 忘年会 

12月のHLC四国は、愛媛県の石墨山とその西の皿ヶ嶺を繋ぐ「東温アルプス」を1泊2日で歩く”2Days Hiking”を行います。

初心者から上級者までそれぞれのレベルに応じたコースが楽しめる「東温アルプス」ですが、今回登ることになる皿ヶ嶺からは、久万高原町や石鎚連峰の大展望を望めます。

山の上でアルコールストーブで調理したランチを食べ、夕方からは上林森林公園小屋で”Meetup”としてHLC四国の忘年会を行います。大いに楽しみましょう!

ULハイキング&忘年会

登山場所:皿ヶ嶺
開催日:12月7日(土)- 8日(日)
集合場所:上林森林公園駐車場 愛媛県東温市上林
集合時間:午前9時(8日 午前7時解散予定)
行程:ULハイキング&ULクッキング 9:30~15:00
   上林森林公園小屋にて交流忘年会 15:00~

定員:15名
参加費:2000円

当プログラムの受付は終了しました。

※参加費は当日現地にてお支払いください。

山と道HLC四国アンバサダー 菅野哲よりメッセージ

初冬の皿ヶ嶺連峰にて楽しくのんびりとULハイクしましょう! ランチは各自でULクッキングにチャレンジ、夜は山小屋でお料理しながら美味しいお酒でワイワイ盛り上がりましょう! 交流忘年会は駐車場近くの無人小屋利用なので、ULハイク以外の荷物は車内に置いておけます。各自防寒対策とライト類のご用意をお忘れなく。

HLC北関東 12月15日(日)
Guest Seminar / フードワークショップ

12月のHLC北関東は、那須塩原の注目エリア「黒磯」にあるヴィーガンレストラン『HIKARI SHOKUDO』にて、”Guest Seminer”としてシェフの薄井国能さんによる料理教室を行います。

釣りがきっかけで少年時代から山や自然と親しんできた薄井シェフは、レイチェル・カーソン『沈黙の春』との出会いから「釣り」と「環境」の関係を意識し、大学生時代は「環境」について研究したそうです。卒業後、レストランで働いたことで「環境」と「食」が結びつき、さらにスコット・ジュレクの『EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅』を読んだことでヴィーガンという生き方を選択し、2017年に黒磯にヴィーガンレストラン『HIKARI SHOKUDO』をオープンされました。

今回の料理教室では普段ハイキングで使用しているクッカーやストーブでULクッキングしながら、毎年トレイルランニングレースにも出場している薄井シェフにヴィーガンについても教えていただきます。

フードワークショップ

開催日:12月15日(日)
開催時間:午前10時~午後1時
場所:HIKARI SHOKUDO 栃木県那須塩原市豊町8−39
定員:15名
参加費:3,500円

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=XeY0O27Xp00

※参加費は当日現地にてお支払いください。

薄井国能(『HIKARI SHOKUDO』オーナーシェフ)

スコット・ジュレクとの出会いによりヴィーガンという生き方を選択。「ヴィーガンランナー」としてトレイルランニングレースに毎年出場。フライキャスティングとテキーラの飲み方は超一流。

山と道HLC北関東アンバサダー 廻谷朋行よりメッセージ

普段のハイクではどのような食事をされていますか? 今回のフードワークショップでは、自身もトレイルランナーでもあり過去のHLCのイベントでもお世話になった『HIKARI SHOKUDO』さんにて料理教室を開催します。身近なお店で揃えられる食材をベースに山ごはんを実際にクッカーを使って調理します。さらに乾燥食材の作り方などの応用も教えて頂きます。

最近では軽量で調理が簡単なご飯が多く登場し、ULハイクには大いに助かっています。そういったものを自分で工夫できるようになったら、さらにハイクが楽しくなるのではないでしょうか。ヴィーガンの方やヴィーガンに興味がある方もぜひご参加ください。

HLC関西 12月28日(土)
Meetup / 裏山忘年会

12月の関西のプログラムは”Meetup”として、京都の大文字山で屋外忘年会を行います。春からプログラムにご参加いただいた皆さま、これからはじめましての方々、みんなで今年1年の山遊びを振り返りながら飲み、語らいましょう! 

当日は京都の『山食音』に午前10時半に集合し、ハイキングで大文字山へと向かいます。一芸披露も大歓迎。ご参加お待ちしております。

裏山忘年会

場所:大文字山域の適地
開催日:12月28日(土)
集合場所:山食音 京都府京都市上京区梶井町448−13 2F
集合時間:午前10時30分(16時頃解散予定)
定員:20名
参加費:無料(当日の飲食物は各自ご用意下さい)

参加お申込み:https://select-type.com/ev/?ev=qpNNqXpOhWc

山と道HLC関西アンバサダー 中川裕司よりメッセージ

HLCのプログラムが始まった今年、皆さまそれぞれのカタチで関わってくださりありがとうございました。おかげさまで楽しい1年となりました。年の瀬間際になりますが、一緒にささやかな忘年会をいたしましょう! 山食音からみんなでわいわい山の中の会場に向かいましょう。食べ物、飲み物、各々お気に入りのものをお持ちください。

山と道HLCアンバサダー

HLCを山と道と共に作り上げている各地のアンバサダーです。それぞれの得意分野を生かしたプログラムを通じて、各地のローカルハイキングコミュニティー作りに尽力しています。

上野 裕樹 Hiroki Ueno

『knotty』代表。10代でニューヨークに渡りダンスとブラックカルチャーにどっぷりはまる。帰国後、幼い頃に親しんだ山の奥深さを再発見し登山、バッグカントリースキー、クライミング、マウンテンランニング、沢登とオールシーズン自然を楽しむ。安全で楽しい山遊びを伝えるため、岩手県紫波町にアウトドアショップ『knotty』を立上げ、「自然」「山」「人」とのGROOVE感を求め日々精進中。

廻谷 朋行 Tomoyuki Meguriya

『LUNNETES』スタッフ。20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。同時にMYOGにも目覚め、自作した道具で山に行く楽しみを覚える。カメラメーカーを退職後『LUNETTES』のスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。

中川 裕司 Yuji Nakagawa

チベットやカラコルム、ラダック等の山での生活、文化や風景に魅せられて、アウトドアにハマる。旅の経験からアジアや中東各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、patagoniaにもパートタイマーとして所属。持ち前の機動力を活かして、ウルトラライトスタイルで野山を駆けめぐり、ハードリカーを飲みながら野営するのがいちばんの大好物。愛称は『きんにくん』。

菅野 哲 Tetsu Kanno

『T-mountain』代表。四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけ、近年は自分の生活圏にある山々の魅力に深く心をくすぐられている。四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。

SHARE