山と道

HLC四国 皿ヶ嶺連峰1泊2日ULハイキング

プログラムに申し込む

【UL HIKING EVENT】

ブナ林が美しい冬季の皿ヶ嶺連峰で、1泊2日のスノーハイキング&キャンピングを行います。

事前のギアリスト作成や、アンバサダーによる装備の軽量化の提案、山と道やシックスムーンデザイン製品の軽量な道具への交換を経て、実際に冬季のULスタイルでハイキングし、夜は雪山でのテント泊を経験します。

スノーハイキングに興味のある方や、冬のキャンピングを経験したい方を対象としたプログラムです。

  • 冬季の皿ヶ嶺連峰でスノーハイキングとキャンピングを経験
  • 事前のギアリスト作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案を経て、実際に冬季UL装備でのハイキングを経験
  • 山と道とシックスムーンデザイン製品の無料レンタルが可能

皿ヶ嶺連峰1泊2日ULハイキング

場所:皿ヶ嶺連峰
開催日:1月30日(土)ー31日(日)
集合:1月30日(土)8:30/見奈良天然温泉 利楽
解散:1月31日(日)11:30/見奈良天然温泉 利楽
定員:6名 ※最少催行人数:3名
参加費:3,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:テント泊を伴う山行経験がある四国、中国、九州地方在住の方
募集締切:1月8日(金)

※雨天中止です。プログラムの中止の場合は、前日の15時までに判断しご連絡します。

山と道HLC四国アンバサダー 菅野哲よりメッセージ

冬のULハイキングの実践プログラムとして、少しでも軽量化して快適にテント泊にもチャレンジしてみたい! そんな方にピッタリなプログラムです。
皿ヶ嶺連峰は比較的低山ですが寒波が来ればなかなかの積雪量となり、本格的な雪山登山装備がなくても気軽に雪山体験ができます。ブナ林の綺麗なトレイルでのスノーハイキングと冬のテント泊を一緒に楽しみましょう!

山域の説明や行程、必携品、製品レンタル、感染防止対策、お申込みに関しては下記からご覧ください。

【皿ヶ嶺連峰について】

松山市街から車で1時間ほどでアクセスできる皿ヶ嶺連峰は、登山レベルに合わせて複数のルートを選択することができ、家族連れから上級ハイカーまで、四季を通じて素晴らしい自然を堪能できる人気の高い山域です。北面の大きなブナ林や苔むしたエリアは特に美しく、また冬季には十分な積雪もあり、気軽に雪山登山を楽しむことができることも魅力のひとつです。

【プログラム当日までの流れ】

今回のプログラムでは、参加者の方に事前のギアリストの作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案、山と道製品等の軽量な道具への交換を経て、実際にULスタイルでのハイキングを経験していただくことを目的としております。そのため、参加者の方には事前に以下のプロセスへのご協力をお願いしております。

①お申し込み時に、ギアリストの作成方法、レンタル可能な山と道製品リスト、注意事項等を記したメールをお送りします。
②プログラムの山行を想定したギアリストを作成し、ご提出いただきます。※1月15日(金)まで
③アンバサダーがギアリストを確認し、軽量化のアドバイスを行うと共に、山と道製品等の軽量な道具へのレンタルでの交換をご提案します(レンタル代は無料です)。※1月22日(金)まで
④アンバサダーからの提案を元にレンタル希望品をお選びいただきます。(アンバサダー提案以外の山と道製品のレンタルも可能です)。
⑤レンタル製品への装備の交換を経て、実際にハイキングに参加します。

※アンバサダーにより装備の軽量化がなされていると判断された方も、山と道製品レンタルサービスのご利用は可能です。お試しになりたい製品があればぜひご活用ください。

【必携品について】

冬季の1泊2日テント泊山行の装備一式、食料、水、マスク、アルコールジェル、携帯トイレ
※1月の皿ヶ嶺連峰は夜間は氷点下、日中も5℃前後となるので、防寒対策をしてください。
※水は1日目の登山中に水場もあります。

【レンタルサービスについて】

本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道及びシックスムーンデザイン製品の無料レンタルが可能です。ご興味のある製品がございましたら、ぜひ予約フォームよりお申込みください。

レンタル料金:無料

レンタル可能製品:MINI、THREE、Merino 5-Pocket Pants、Winter Hike Pants、Alpha Anorak、Merino Hoody、Gatewood Cape(軽量の1人用タープ・ポンチョ)等
※レンタル可能製品につきましては予約フォームの一覧表をご確認ください。

【感染防止対策について】

  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加はご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。

【その他】

  • 本プログラムにおけるハイキングは、参加者各自がULハイキングについての理解を深めるための実践として行うものであり、登山ガイドや旅行会社による安全を確保されたツアーではありません。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険モンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、各地域のアンバサダーまでご相談ください。

プログラムに申し込む

山と道HLC四国アンバサダー 菅野哲

『T-mountain』代表。四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけてきた。近年は、自分の生活に密着した里山や決して特別ではない近くにある山々の魅力に深く心をくすぐられている。四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。
@hlc_shikoku