山と道

HLC北関東 裏磐梯スノーハイキング入門

キャンセル待ちに申し込む

【AMBASSADOR’S SIGNATURE】

3月のHLC北関東は、積雪量が多く多様なアクティビティを楽しむことができる冬の裏磐梯で、スノーシューを履いてハイキングを行います。

スノーシューの魅力は、トレイルを外れてフカフカの雪の上を自由に歩き回れること。ガノーの軽量スノーシューのレンタルも可能なので、この機会にぜひチャレンジしてみましょう。

シーズンに適した山と道の秋冬製品の無料レンタルもできるますので、合わせてお試しください。

スノーハイキングに興味のある方、冬季ハイキングの可能性を広げたい方を対象としたプログラムです。

  • 幻想的な冬のフィールドでスノーハイキングを体験
  • スノーシューなど冬季のハイキング道具の使い方を学ぶ
  • スノーシュー、ストックのレンタルが可能(有料)
  • 山と道製品の無料レンタルが可能

裏磐梯
スノーハイキング入門

場所:福島県裏磐梯高原
開催日:3月6日(土)
集合:9:00/裏磐梯スキー場
解散:15:00/裏磐梯スキー場
定員:6名 ※最少催行人数:2名
参加費:3,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:日帰りハイキングの経験があり、ULハイキングや山と道HLCの活動に興味がある北関東、甲信越、東北地方在住の方
募集締切:3月5日(金)

※スノーシュー、ストックは各1,000円でレンタル可能です。予約フォームよりお申込みください。
※積雪の状況によって開催エリアを変更する場合があります。
※雨天決行、荒天中止です。プログラムの中止の場合は、前日の15時までに判断しご連絡します。

「氷瀑で有名なイエローフォールを目指してスノーシューハイキングをします。凍った湖上を歩いたり、思い思いにルートファインディングしてハイキングしたりと、冬季ならではの楽しみがあります。アップダウンも少なく初めてのスノーシューハイキングにもおすすめです。
GARNEAU社の軽量なスノーシューのレンタルもできるので、スノーシューをこれから購入予定の方にもおすすめです。」(山と道HLC北関東アンバサダー 廻谷朋行)

山域の説明や行程、必携品、製品レンタル、感染防止対策、お申込みに関しては下記からご覧ください。

【裏磐梯について】

福島県の磐梯山の麓に広がる裏磐梯高原は、夏はもちろん冬もスキーやワカサギ釣りで賑わいます。北関東から少し足を伸ばすだけで、フカフカの雪の上でスノーシューを使ったハイキングを楽しむこともできます。周辺には冷えた身体を温める温泉やラーメン店も多く、下山後も楽しみなエリアです。

【必携品について】

積雪期の日帰り山行装備一式(可能なら1泊2日装備一式)、防寒着、行動食、水、GPSが利用できる地図アプリ、アルコールジェル

【レンタルサービスについて】

本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道及びシックスムーンデザインズ製品の無料レンタルが可能です。ご興味のある製品がございましたら、ぜひ予約フォームよりお申込みください。

レンタル料金:無料

レンタル可能製品:MINI、THREE、Merino 5-Pocket Pants、Winter Hike Pants、Alpha Anorak、Merino Hoody、Gatewood Cape(軽量の1人用タープ・ポンチョ)等

【感染防止対策について】

  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加はご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。

【その他】

  • 本プログラムにおけるハイキングは、参加者各自がULハイキングについての理解を深めるための実践として行うものであり、登山ガイドや旅行会社による安全を確保されたツアーではありません。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険モンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、アンバサダーまでご相談ください。

キャンセル待ちに申し込む

山と道HLC北関東アンバサダー 廻谷朋行

『LUNNETES』スタッフ。20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。同時にMYOGにも目覚め、自作した道具で山に行く楽しみを覚える。カメラメーカーを退職後『LUNETTES』のスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。
@hlc_kitakanto