山と道

【TAIWAN HIKERS' HANDBOOK】

TAIWAN HIKERS’ HANDBOOK【#1】
台湾ハイキングの概要

台湾は日本からの就航便も多く、最も身近な海外旅行先のひとつとして人気です。旅の目的としてはグルメやショッピング、街歩きといった印象が強いようですが、雄大で豊かな自然が残る台湾の山は、一度知ってしまったら素通りできないような魅力に溢れています。

山と道と台湾の関わりは深く、今年2018年には台北のセレクトショップCOW RECORDS、『山と道JOURNALS』のグラフィックデザインも手がけるRaying Studioと協力して、台北に直営店samplusをオープンさせたほどで(その経緯は『山と道の台湾旅游2018』に綴っております)、より多くの日本人ハイカーが台湾を訪れ、その素晴らしさを体感してほしいと願っています。

そこで今回、山と道ラボ研究員の渡部隆宏を現地に派遣し、実践的な台湾を旅するハイカーのためのハンドブックを作成することとしました。#1となる今回では、まず台湾の山域のスケール感や歴史的経緯、代表的な山々などの概要をお伝えします。

LCCの発達した昨今では、国内旅行よりも安く気軽に行ける場合もある台湾。このハンドブックがよりよいハイキングのきっかけになればと思います。

調査/文:渡部隆宏(山と道研究所)

ご注意:本稿はリサーチャーの現地取材と日本で入手できる資料(書籍、WEBサイトなど)や台湾当局とのやりとりをもとに、2018年12月時点の情報としてまとめたものです。可能な限り事実確認を行い、また、台湾現地協力者の監修を受けて作成しましたが、事実と異なる内容が含まれる可能性や、実際に現地にお詳しい方からすると違和感のある内容が含まれている可能性があります。お気づきの点がございましたらご指摘いただければ幸甚です。

地理的アウトライン

  • 南湖大山

台湾は沖縄の南西に位置し、台湾島と周囲の離島からなります。

日本の最西端である与那国島からはわずか約110kmの位置にあり、面積は約36000平方kmと、九州とほぼ同じ大きさです。南北が最大394km、東西が144kmというタテに細長い形状なのも九州に似ています。

台湾島の中央を北回帰線が横断しており、気候は台北などの北部エリアが亜熱帯気候、高雄など南部エリアが熱帯気候となります。日本と同じく環太平洋火山帯に属し、温泉も豊富ですが、台湾の山脈は主に長い年月を経た造山活動によって形成されており、火山は北部や東部、周辺離島などに点在する低山に限られます。

台湾は日本と同じく面積のおよそ7割を標高100m以上の山地が占める「山の国」で、現地では3000m以上の山を「高山」、1000m以上の山を「中級山」、1000m未満の山を「郊山」と呼び区別していますが、驚くべきはそのスケールです。

標高3952mの最高峰・玉山(Yu Shan:読み表記は中国語。以降も同様)や標高3886mの雪山(Xue Shan)をはじめ、3000m以上の高山がなんと270座(総数については諸説あり)に及ぶという、世界でも有数の高山密度を形成しています(ちなみに日本の3000m以上峰は20座あまりです)。

3000m級の山々のうち100座はその高さや美しさなどから「台湾百岳」と呼ばれており、日本の百名山のような位置づけとなっています。また、そのなかでも人気の高い山を「五岳(五嶽)」、槍ヶ岳のように尖った美しい山を「三尖」と呼ぶなど、さまざまな分類がなされています。

●五岳(五嶽):玉山・雪山・秀姑巒山(Xiuguluan Shan)・南湖大山(Nanhuda Shan)・北大武山(Beidawu Shan)をさします。最初の3座は玉山山脈、雪山山脈、中央山脈の最高峰。南湖大山は太魯閣(タロコ)国立公園の盟主的存在で、北大武山は中央山脈最南部の百岳。全土で崇められてきた聖山をバランス良く選んだもののようです

●三尖:中央尖山(Zhongyangjian Shan)、大霸尖山(Dabajian Shan)、達芬尖山(Dafenjian Shan)をさします。その名の通り、尖ったピークを持つ3座が選ばれています。

●十峻:特に険しい10座を選んだもので、玉山東峰、玉山南峰、馬博拉斯山(Mabolasi Shan)、關山(Guan Shan))、奇萊北峰(Qilaibeifeng)、大劍山(Dajian Shan)、品田山(Pintian Shan)、無明山(Wuming Shan)、能高南峰(Neng gao nan Feng)、新康山(Xinkang Shan)が該当します。

  • 雪山
  • 玉山

台湾の山脈について