山と道

COMMUNITY

  • TOP
  • COMMUNITY

山と道は情報発信や各種のイベント、プログラムにも製品開発と同じ情熱を注いで活動を行っています。

この「COMMUNITY」では、ハイキングカルチャーを育む各地域のコミュニティ「山と道HLC」の活動をはじめ、山と道とその仲間たちが作りだすイベントやプログラムの情報をお伝えします。

ぜひ山と道のコミュニティにご参加ください。

近日開催予定のプログラム

山と道HLCとは

山と道HLCは、UL(ウルトラライト)ハイキングの楽しさを共有し、可能性を追求し、ともにハイキングカルチャーを育むコミュニティです。

山と道HLCは、アンバサダーによって地域ごとに運営され、それぞれのフィールドに応じたプログラムを実施します。

「コミュニティ」のない「ライフ(暮らしや営み、生活そして人生)」は味気ないですし、「ライフ」のないところに「ハイク」は存在できないでしょう。

山と道HLCは、そんな「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティ」の関係を個別ではなく循環的に捉え、より豊かな「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティ」の関係を築いていきたいと思っています。

山と道HLCプロジェクトディレクター 豊嶋秀樹

2022年度の年間スケジュール

HLC北海道

日程 カテゴリー・タイトル
4月2日(土)ー3日(日) AMBASSADOR’S SIGNATURE
ニセコオートルート1泊2日ULスキーキャンプ
4月23日(土) WORKSHOP
ニセコオートルート1泊2日ULハイキングワークショップ(冬期編)
5月21日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月22日(日) GUEST SEMINAR
ヒグマについて考える一日
7月8日(金)ー10日(日) PRACTICE
幌尻岳2泊3日ULハイキングプラクティス
9月10日(土)ー11日(日) WORKSHOP
ニセコオートルート1泊2日ULハイキングワークショップ
10月2日(日)ー3日(月) LOCAL STUDY HIKING
ニセコ硫黄鉱山跡地1泊2日ローカルスタディハイキング
3月26日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(冬期編)

HLC東北

日程 カテゴリー・タイトル
4月17日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月14日(土)ー15日(日) WORKSHOP
みちのく潮風トレイル1泊2日ULハイキングワークショップ
6月25日(土)ー26日(日) GUEST SEMINAR
三陸町を巡る今昔街道1泊2日ULハイキング
8月26日(金)ー28日(日) PRACTICE
岩手・秋田エリア2泊3日ULハイキングプラクティス
10月15日(土)ー16日(日) GUEST SEMINAR
土地にふれ『海と生きる』を知る1泊2日ULハイキング
11月20日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(冬期編)
1月21日(土)ー22日(日) WORKSHOP
東根山ULハイキングワークショップ
3月18日(土)ー19日(日) AMBASSADOR’S SIGNATURE
雪山テント泊1泊2日BCスキー&スノーボ−ド ※開催地未定

HLC北関東

日程 カテゴリー・タイトル
4月2日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月14日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
6月7日(火)ー8日(水) AMBASSADOR’S SIGNATURE
那珂川1泊2日源流釣行
7月9日(土) ー10日(日) WORKSHOP
奥日光1泊2日ULハイキングワークショップ
8月26日(金)ー28日(日) PRACTICE
磐梯2泊3日ULハイキングプラクティス
10月15日(土)ー16日(日) WORKSHOP
那須1泊2日ULハイキングワークショップ
12月3日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門(冬期編)
2月25日(土) ー26日(日) WORKSHOP
那須1泊2日ULハイキングワークショップ
3月19日(日) LOCAL STUDY HIKING
古賀志山ローカルスタディハイキング

HLC鎌倉

日程 カテゴリー・タイトル
4月3日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(オンライン版)
4月17日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(オンライン版)
5月27日(金)ー28日(土) WORKSHOP
丹沢山地1泊2日ULハイキングワークショップ
6月12日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(オンライン版)
7月17日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(オンライン版)
10月14日(金)ー15日(土) WORKSHOP
丹沢山地1泊2日ULハイキングワークショップ
10月22日(土)ー23日(日) STAFF’S SPECIALITY
1泊2日バイクパッキング&キャンピング ※開催地未定
11月3日(木・祝)ー11月6日(日) PRACTICE
関東山地3泊4日ULハイキングプラクティス
1月15日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(オンライン版)
3月5日(日) STAFF’S SPECIALITY
山と道修理部のリペアワークショップ

HLC関西

日程 カテゴリー・タイトル
4月9日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月14日(土)ー15日(日) WORKSHOP
比良山1泊2日ULハイキングワークショップ
6月5日(日) LOCAL STUDY HIKING
町石道ローカルスタディハイキング
8月11日(木・祝) LECTURE
山と道のULハイキング入門
9月10日(土)ー11日(日) WORKSHOP
台高山脈1泊2日ULハイキングワークショップ
11月19日(土)ー21日(月) PRACTICE
高島トレイル2泊3日ULハイキングプラクティス
1月7日(土) GUEST SEMINAR
ロングトレイルを歩いて感じたULのこと
3月5日(日)ー6日(月) AMBASSADOR’S SIGNATURE
小辺路1泊2日ファストパッキング

HLC四国

日程 カテゴリー・タイトル
4月17日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月28日(土)ー29日(日) WORKSHOP
三嶺1泊2日ULハイキングワークショップ
6月12日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門
7月30日(土)ー31日(日) WORKSHOP
皿ヶ嶺1泊2日ULハイキングワークショップ
8月27日(土)ー28日(日) AMBASSADOR’S SIGNATURE
四万十川1泊2日バイクパッキング&キャンピング
9月30日(金)ー10月2日(日) PRACTICE
石鎚ロングトレイル2泊3日ULハイキングプラクティス
11月13日(日) LECTURE
山と道のULハイキング入門(冬期編)
3月19日(日) LOCAL STUDY HIKING
四国・遍路道ローカルスタディハイキング

HLC台灣

日程 カテゴリー・タイトル
4月23日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
5月21日(土)ー22日(日) WORKSHOP
花蓮瓦拉米1泊2日ULハイキングワークショップ
9月3日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
10月22日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門
11月19日(土)ー20(日) WORKSHOP
宜蘭松蘿湖1泊2日ULハイキングワークショップ
12月16日(金)ー18日(日) PRACTICE
台東戒茂斯2泊3日ULハイキングプラクティス
3月18日(土) LECTURE
山と道のULハイキング入門

プログラムのカテゴリー説明

山と道が考えるULハイキングの方法論を座学で伝える場であるLECTURE『山と道のULハイキング入門』は、各エリアでの開催のほかにHLC鎌倉発信のオンライン受講も可能になるので、さらに多くの方に参加していただけるようになります。また、1泊2日のULハイキングのプログラムをWORKSHOPと位置付け、『山と道のULハイキング入門』で得た知識をフィールドにおいて具体的にイメージしてもらえるようになります。そして、年間の山と道HLCの集大成的プログラムであるPRACTICEでは、ULハイキングの可能性を追求することを目的に各アンバサダーとともにチームとなって挑戦的なハイキングを行います。その他、AMBASSADOR’S SIGNATURE、GUEST SEMINAR、LOCAL STUDY HIKINGなどのプログラムもこれまで通り、多彩にラインナップしています。

LECTURE

山と道HLCの入り口であり、山と道の考えるULハイキングの概要を知ることを目的とした座学形式のプログラムです。各エリアで年間3ー4回のシーズンごとの内容での開催に加え、HLC鎌倉ではオンライン配信も行なっています。このLECTUREは、WORKSHOPやその他のプログラムの参加条件にもなりますので、ぜひ受講しやすい方法でご参加ください。

『山と道のULハイキング入門』、『山と道のULハイキング入門(オンライン版)』

WORKSHOP

ULハイキングのノウハウをフィールドで学ぶ1泊2日のワークショップ形式のプログラムです。ハイキングの距離や行動時間はあえて短めに設定し、途中でアンバサダーのプレゼンテーションや参加者を交えたディスカッションなどの時間を設けることで、より具体的にULハイキングの理解を深めていきます。季節を変えて各エリア年2回程度の開催を予定しています。

『ニセコオートルート1泊2日ULハイキング』 『みちのく潮風トレイル1泊2日ULハイキング』 『奥日光1泊2日ULハイキング』 『丹沢山地1泊2日ULハイキング』 『剣山1泊2日ULハイキング』等

PRACTICE

過去に山と道HLCへの参加経験のある方を対象とした、アンバサダーと参加者がひとつのチームとなってチャレンジングなハイキングに挑む山と道HLCの年間の集大成的なプログラムです。

『幌尻岳2泊3日ULハイキング』 『岩手・秋田エリア2泊3日ULハイキング』 『関東山地2泊3日ULハイキング』 『高島トレイル2泊3日ULハイキング』 など

AMBASSADOR’S SIGNATURE

ULハイキングと親和性の高いバイクパッキングやファストパッキング、バックカントリースキー、源流釣行など、各アンバサダーの得意分野のアクティビティを行うプログラムです。ULのエッセンスを加えることで、それぞれのアクティビティに新たな可能性が広がります。

『那珂川1泊2日源流釣行』 『小辺路1泊2日ファストパッキング』 『四万十川1泊2日バイクパッキング&キャンピング』など

GUEST SEMINAR

毎回、様々なゲストを講師に迎え、ハイカーのための食事やギアの自作、ロングトレイルの話体験談など、ハイキングをさらに深く楽しむための知識や方法論を学ぶプログラムです。

『ヒグマについて考える一日』 『三陸町を巡る今昔街道1泊2日ULハイキング』 『ロングトレイルを歩いて感じたULのこと』など

LOCAL STUDY HIKING

各エリアのローカルの魅力をハイカーならではのアプローチである「歩くこと」を通して学び、その土地の歴史や背景を知ることで、トレイルや山に新たな気づきと視点を与えてくれるプログラムです。

『古賀志山ローカルスタディハイキング』 『四国・遍路道ローカルスタディハイキング』など

STAFF'S SPECIALITY

ULハイキングをはじめとした様々な分野での知識や経験を持つ山と道スタッフがコーディネートするHLC鎌倉だけのプログラムです。スタッフや山と道HLCの仲間と共にハイキング・コミュニティを築いていきましょう。

『1泊2日バイクパッキング&キャンピング』 『山と道修理部のリペアワークショップ』など

山道祭
Yamatomichi HLC Hiking Festival

『山道祭』はハイカーが集う、ハイキングの祭り

『山道祭』は年に一度のハイカーのためのお祭りです。

HLC東北の地元・岩手山で初開催した2019年は当初の想定を超えた盛り上がりで幕を閉じ、翌2020年はHLC四国の地元・石鎚山での開催準備を進めていましたが、感染症拡大の影響で告知前に順延が決定。2021年も同じ石鎚山での開催を目指し、告知ページも公開して多くの方に参加申し込みをいただきましたが、緊急事態宣言の発令により開催1ヶ月前に泣く泣く順延の判断となりました。

2022年も感染症拡大の影響は続いていますが、できることをできる形で考え、開催に向けての準備を進めています。

開催エリアは、2年前から変わらず、西日本最高峰でHLC四国のローカルマウンテンの石鎚山。周辺には東西約60kmに連なる「石鎚ロングトレイル」をはじめ様々なトレイルがあり、アクセスしにくい登山口には参加者専用のトレイルバスも運行します。

会場の石鎚スキー場は、標高1,300mの石鎚山の中腹というロケーション。四国の魅力を感じ、参加者同士が繋がる催しもたくさんご用意します。

今年こそは石鎚山でお会いしましょう!

山道祭 Yamatomichi HLC Hiking Festival

日程:2022年9月
会場:石鎚スキー場(愛媛県西条市)
定員:300名
参加費:無料(別途会場使用料2,000円を徴収します。)

※感染症拡大の影響により、日程や内容が変更になる可能性があります。

※2022年の『山道祭』は、山と道JOURNALS『山道祭まで歩いて行ってきた記(2021順延編)』『山道祭2021 詳細とご予約』をご確認ください。
※2019年の『山道祭』の様子ついては、山と道JOURNALS『山道祭を振り返る』と下記動画からご確認ください。

山と道HLCプレイス

各エリアの山と道HLCの活動拠点となる場です。「ハイク」と「ライフ」と「コミュニティ」のつながりの場として、プログラムの開催やULハイキングの仲間との出会いや情報交換など、山と道HLCコミュニティの「Meetup(会合)」の場としても機能します。

北海道

Camp&Go
〒044-0051 北海道虻田郡倶知安町北1条西3丁目11
https://campandgo.jp/

東北

Knotty
〒028-3318 岩手県紫波郡紫波町紫波中央駅前2丁目3−94オガールセンター内
TEL:019-601-5512
http://knottysports.com/

北関東

lunettes
〒325-0051 栃木県那須塩原市豊町8−37
TEL:0287-74-2405
https://www.lunettes-yamanodouguya.com/

鎌倉

山と道 材木座
〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座1-13-16
https://www.yamatomichi.com

関西

山道具 谷ノ木舎
〒542-0012 大阪市中央区谷町7丁目1-25
TEL:06-4305-7600
https://www.instagram.com/taninoki_yamadougu/

四国

T-mountain
〒790-0004 愛媛県松山市大街道3-8−12 本田ビル1F
TEL:089-946-2936
http://www.t-mountain.com/

台灣

samplus
台北市復興南路一段107巷11號 2樓
https://www.yamatomichi.com/stores/7277/

各地のアンバサダー&プロジェクトディレクター

HLCを山と道と共に作り上げている各地のアンバサダーとプロジェクトディレクターです。それぞれの得意分野を生かしたプログラムを通じて、各地のローカルハイキングコミュニティ作りに尽力しています。

HLC北海道

峠ヶ 孝高

Yoshitaka Toge

山と道HLC北海道アンバサダー/『SPROUT』『Camp&Go』代表

北国の生活に憧れ北海道のニセコに移住し、2009年にコーヒーショップ『SPROUT』を開業。2019年にはコーヒーとアウトドアとライフが楽しめる場所『Camp&Go』をオープン。現在はコーヒーを勉強しながらハイキングやスキー、カヤックとニセコの自然をアクティブに過ごしている。

HLC東北

上野 裕樹

Hiroki Ueno

山と道HLC東北アンバサダー/『knotty』代表

10代でニューヨークに渡りダンスとブラックカルチャーにどっぷりはまる。帰国後、幼い頃に親しんだ山の奥深さを再発見し登山、バッグカントリースキー、クライミング、マウンテンランニング、沢登とオールシーズン自然を楽しむ。安全で楽しい山遊びを伝えるため、岩手県紫波町にアウトドアショップ『knotty』を立上げ、「自然」「山」「人」とのGROOVE感を求め日々精進中。

HLC北関東

廻谷 朋行

Tomoyuki Meguriya

山と道HLC北関東アンバサダー/『LUNNETES』スタッフ

20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。同時にMYOGにも目覚め、自作した道具で山に行く楽しみを覚える。カメラメーカーを退職後LUNETTESのスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。

HLC関西

中川 裕司

Yuji Nakagawa

山と道HLC関西アンバサダー/『山道具 谷ノ木舎』店主

カメラを片手に放浪中、チベットやカラコルム、ラダック等の山岳民族の生活文化や、その圧倒的な風景に魅せられて、アウトドアカルチャーにハマっていく。旅の経験からアジアや中東各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、2020年4月に山道具屋、山道具谷ノ木舎をオープン。持ち前の機動力を活かして、ウルトラライトスタイルで野山を駆けめぐり、ハードリカーを飲みながら野営するのがいちばんの大好物。ニックネームは『きんにくん』。

HLC四国

菅野 哲

Tetsu Kanno

山と道HLC四国アンバサダー/『T-mountain』代表

四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけてきた。近年は、自分の生活に密着した里山や決して特別ではない近くにある山々の魅力に深く心をくすぐられている。四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。

HLC台湾

林 政翰

John Lin

山と道HLC台湾アンバサダー/『Miasan Outdoor Center』 代表

カナダの『ヤムナスカ・マウンテンスキル・セメスター』で欧米の登山技術を学び、帰国後『Miasan Outdoor Center』を創立。ハイキングや雪山登山等の講習を行う一方、山小屋等の管理も行っている。20年以上、台湾原住民の布農族からより自然に近い生活を学び続けており、パーマカルチャーや里山生活についての造詣も深い。

豊嶋 秀樹

Hideki Toyoshima

山と道HLCプロジェクトディレクター

作品制作、空間構成、キュレーション、イベント企画などジャンル横断的な表現活動を行いつつ、現在はgm projectsのメンバーとして活動中。山と道とは共同プロジェクトである『ハイクローグ』を制作し、九州の仲間と活動する『ハッピーハイカーズ』の発起人でもある。ハイクのほか、テレマークスキーやクライミングにも夢中になっている。ベジタリアンゆえ南インド料理にハマり、ミールス皿になるバナナの葉の栽培を趣味にしている。妻と二人で福岡在住(あまりいませんが)。

MORE