山と道

【修理部通信】

山と道修理部通信
#1 メリノウールの穴を補修する

山と道では日々、多くの製品の修理を承っています。

そのなかで知り得たユーザーの皆さんが自らの手でもできる修理やケアの方法について、今回より『山と道修理部通信』として情報共有を行っていくこととしました。

その第1弾として、メリノウールの穴あきをフェルティングという技法により補修する方法をご紹介します。

天然の優れた機能を持ちながらも、虫食いや摩擦等により穴があきやすいメリノウール。大事に着ていたつもりが、いつのまにか小穴があいてしまっていた経験をお持ちの方も多いはず。

でも、グッドニュース! メリノウールの穴は、手に入りやすい道具で誰でも簡単に補修ができるのです。

ご紹介するのは、山と道修理部の北島市郎です。

文/北島市郎 写真・構成/三田正明 

はじめまして、山と道の試作・修理担当の北島市郎と申します。

以前は原宿のアトリエの片隅で黙々と生地を裁断する日々を送っておりましたが、ご縁があって山と道に参加させてもらって以来、素晴らしい仲間と美しい自然の中で生きられることの喜びに感謝しながら働かせてもらっています。

最近、よくお客さまから問い合わせをいただくことのひとつに、カットソーのメリノウール製品の穴あきがあります。天然繊維であるメリノウールは優れた調温・調湿機能や消臭機能など素晴らしい特性を持ちますが、虫食いや摩耗などで糸が切れ、穴があきやすいという弱点を持っています。

かく言う私も、この夏発売された山と道のLight MerinoのTシャツのあまりの心地よさに2週間ほど着続けたある日、肩にあいている小さな穴に気づきました。 一瞬、見なかったことにして忘れようとしましたが、翌日も穴はそこにありました。

ショックを受けると同時にひとつの疑問が頭をよぎりました。 一体この穴はどこから来たのだろう? 穴の原因を山と道ラボの松本さんにきくと「おそらく虫食い」と言われたが、果たしていつの間に自分はそのような虫と共存していたのだろう? 

そして私は、この穴を「自分が自然の循環の中に在ることを思い起こすひとつのメッセージ」と思うことで、平静を取り戻したのでした。

道具を使用していく中で生じる経年変化はときに魅力的に見えます。同様に、偶然に生じるウールの穴にも、どこか自然のつながりを感じてなりません。穴あきを修理しながら少しでも長く道具として活かすことができれば、より道具にも地球にも愛着を持って接することができるように思います。メリノウールの穴はその気づきを得るきっかけを与えてくれました。

化学繊維ではいまだ成しえない素晴らしい機能性を持つメリノウール。 より⻑く一緒に過ごすためには、その穴と上手に付き合っていくことが大切です。羊の唯一の服である羊毛には、さまざまな自然環境と共生するための智慧が詰まっています。その羊毛本来の特性を利用して、メリノウールの穴を楽しく補修する方法があります。穴との向き合い方のひとつとして参考にしていただけたら嬉しいです。

フェルティングによるウールの穴あき補修法

ウールの原毛はウロコ状の「スケール」で覆われており、熱や圧力、振動を加えることで「スケール」が互いに噛み合い、絡み合って離れなくなる性質を持ちますが、この現象を「フェルト化」と言います(この性質を利用することでウール原毛をフェルト化して生地状にしたものがフェルトです)。

山と道Light Merino T-ShirtsシリーズやMerino Hoodyのようなメリノウールのカットソー製品の糸切れや虫食いから起こる穴あきを、先端に返しのついたフェルト専用の針でウール原毛と共に刺し固める技法=フェルティングで補修することができます。

やり方

応用編

フェルティングの技法を使い、刺繍のようにワンポイントを入れたり、ウールニット製品の穴あき補修なども簡単に行えます。

山と道スタッフの木村は山と道Merino Sleeveless T-Shirtを着て距離95kmの山岳レースに参加した際、ゼッケンを直接ピンで貼り付けた箇所に見事に穴が…。

ですがフェルティングで彼らしくカラフルに補修。より思い出と愛着の詰まった服になりました。

山と道修理部のメリノ製品の穴あき補修

山と道では弊社製品と同色に染めた補修用原毛をご用意しており、同色での補修が可能です。

修理代金500円(1穴につき)+tax+往復の送料で承りますので、下記の「修理について」をご参照ください。

【修理の流れ】

①お問合せ
CONTACTページお問合せフォームよりご連絡ください。その際、製品名、破損内容、ご購入時期をご記載ください。
*弊社オンラインショップにてご購入のお客様は、お分かりになればご注文番号を併せてご記載ください。

②メールにてご案内
お問合せ内容確認後、修理方法・工賃・納期についてのご案内をメールにてお送り致します。メール受信後、送料元払いにて弊社宛にご送付ください。工賃の入金を確認後、修理に入らせていただきます。
*修理内容によりますが、完成まではおおよそ2週間〜6週間のお時間を頂いております。

③修理済み製品のご発送
修理完成次第、発送させていただきます。
*ご返送時の送料はお客様負担となります。